ご安置場所への搬送

安置場所はどうやって決めるのですか?
一般的には慣れ親しんだご自宅の場合が多いです。
お通夜の会場(=葬儀式場)へ搬送するまでの間、ご遺体をご安置いただくのですが、一般的には慣れ親しんだご自宅でご安置される場合が多く、葬儀社が搬送します。また、ご自宅でご安置できない場合は、葬儀社の担当者と打合せをし、式場の安置施設などを利用します。
ご安置した際にはどんなことをすればよいのですか?
お通夜までの間、「枕飾り」を整えてご安置します。
病院などからご自宅などに搬送したご遺体はお通夜までの間、「枕飾り」(簡易な祭壇)を整えてご安置します。ご自宅では普段お使いになっていた寝具で、ごく近しい方々とご自宅での別れの時を過ごしていただき、お通夜の会場へお送りします。 (※枕飾りは葬儀社が用意します)
ヒント
この間に、近親者と葬儀社の担当者とで葬儀についての打合せをして、必要な準備をします。
その場で搬送料金の支払いはありますか?
通常搬送時に支払いはありません。
ご遺族様が葬儀を依頼する業者に搬送を依頼した場合には、搬送時に料金の支払いはありません。ただし病院が手配した業者に搬送のみ依頼した場合にはその場で料金が発生する場合があります。
ヒント
あらかじめ事前相談で葬儀社を決めておくことで、とっさの時でも混乱することなくスムーズに手配ができます。