2016年12月31日

墓地の清掃をしていますか?

ohakanoosoujidaikou.jpgみなさんは定期的に墓地の清掃をしていますか?

お墓の掃除って大変ですよね
しゃがんでする作業も多いし、腰も痛いし、けっこう重労働なんですよね

そんな方にお勧めなのが『お墓の清掃代行』です

料金は9,720円(税込)

内容は
除草作業・墓石の手洗い等、皆さんがお墓参りの時にする一般的な墓地の清掃です。
その他の特典として、お墓参り用の花束が一対付きます。

最近は年齢的に掃除が大変という方から年に2回(お盆前と年末)の定期清掃を依頼されることが多くなりました。
また、群馬県以外にお住いの方から、なかなか群馬県に帰れないので掃除をお願いしたいというケースも増えています。
今後も様々な理由から墓地の清掃が滞ってしまうことが増えてくるでしょう。そんな時には赤石三光堂までご一報をお願いします。

ご依頼お問合せは フリーダイヤル0120-840-008まで

くわしくはこちらをご覧ください。

葬儀屋さんの年末年始

おはようございます。

みなさんは穏やかな年末をお過ごしのことと思います。

私棚澤は今日12月31日も仕事をしています。
そして明日、元日は仕事始めです。
この生活スタイルが約20年続いています。
慣れるもんですね~

ちなみに
元旦の伊勢崎市、太田市はニューイヤー駅伝の関係で主要道路が封鎖され、沿道では多くのギャラリーが応援するので時間帯によっては車の通行が困難になります。
初詣に行かれる方も親戚を訪問する方も十分気を付けて下さい。

2016年12月27日

赤石三光堂のプチ自慢

Gmark.jpgみなさんは「Gマーク」というものを知っていますか?

Gマークとは国土交通省が推進する「安全性優良事業所」の認定制度のことで、運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定するものなのです。

簡単に言うと

普段から交通安全対策をしっかりとやっている業者に、国土交通省が「Gマーク」というお墨付きを与えるということです。

事実「Gマーク」取得業者の事故を起こす割合は未取得業者の「半分以下」なんです。

それだけ「Gマーク」取得業者は安全・安心ということです。

そして赤石三光堂は、群馬県の葬儀屋さんの中で、現時点で唯一「Gマーク」の認定を受けています。

ちなみに ... 

誰にも知られていませんが、葬儀屋さんの「Gマーク」取得は赤石三光堂が日本で一番最初でした。

プチ自慢(^^)

というわけで、赤石三光堂はこれからもしっかりと交通安全対策に取り組んでいくことをお約束致します。

2016年12月26日

葬儀屋はぼったくり

葬儀=高い・ぼったくり
そう思っている方が多いことでしょう。

30万円の葬儀一式プランを自分で選択した以外は、葬儀屋さんに勧められるがままにオプションを付け、別途料金の品物を追加し、返礼品関係と料理関係を決めましたが、葬儀後の請求書を見てビックリ!なんと150万円になっていました。
えぇ~30万円が150万円? あり得ない!
こんな感じが「葬儀は高い」「葬儀屋はぼったくり」と言われる由縁なんだと思います。

これは明らかに打合せ時の説明不足からきています。

赤石三光堂はこのようなことがおきないよう今まで以上にしっかりと説明し、安心して葬儀を任せていただけるよう取り組んでいくことをお約束致します。

下記の表は葬儀費用のうち返礼品と料理関係を除いた部分の目安表です。ご希望の葬儀社さんのプランを書き込んでいただくとオプション料金や別途料金の目安になりますので参考にしてみてください。
hikakuhyou.jpg

2016年12月23日

年末年始の葬儀・火葬

今年の12月31日は友引です。ということは葬儀・火葬ができるのは30日が最後ということになります。
公営火葬場の稼働開始はいせさき聖苑・さかい聖苑は1月4日から、太田市斎場は1月3日からとなります。また前橋市斎場・桐生市斎場は1月3日からの稼働となりますので予めご了承ください。

赤石三光堂の葬儀部門は年中無休・24時間体制で稼働しておりますので皆様にご迷惑をかけることはございません。

もしもの時は0120-840-008までおかけください。

ポカポカ陽気ですね~

本日快晴

めちゃめちゃ気持ちがいいですね。冬がどこかに行ってしまったようです。

このままだとせっかく揃えた雪掻き道具を一回も使わないうちに冬が終わってしまうかもしれません。スタッドレスタイヤも活躍することはなさそうです。

使わないで済むことは良いことなんですけど、何となく使わないともったいない気もしますね。

2016年12月18日

群馬県の海洋散骨事情

sankotsu.jpg近年、世間では海洋散骨が増えてきています。
海洋散骨とは何かというと、火葬が済んでいる遺骨の全部または一部を海に撒いて供養をするというものです。
ここ群馬県は海無し県ですので、海洋散骨には縁がないように思われていますが、実際には群馬県内各地、もちろん伊勢崎市や太田市からもご依頼をいただいています。
しかしながら海洋散骨にしたいけどどこの業者に依頼をしていいかわからない。費用はいくらくらいかかるのか等、不安が先行して実行できないでいるご家庭も多いのではないでしょうか。

赤石三光堂は群馬県の葬祭業者として皆様の架け橋となれるよう、信頼できる海洋散骨業者をご紹介しています。
詳しいお話やパンフレット希望などございましたらお気軽にご連絡ください。群馬県内各地にお届けとご説明にあがります。
また、海洋散骨業者へ直接ご依頼をご希望の際は こちら をごらんください。

2016年12月16日

長寿銭て知ってますか?

私自身は全国的な風習なのかと思っていたのですが、実は群馬県や関東地方の一部の地域の独特な風習だったみたいです。

chojusen.jpg長寿銭とは、亡くなった方が長寿だった場合、返礼品と一緒に会葬者にお渡しするお金のことです。お金といっても5円玉もしくは100円玉をポチ袋に入れたもので、長寿にご縁がありますようにという意味があります。
さて、長寿とは何歳からかと問われると...、
これは喪主様の判断によるところが大きいですが、おもに満90歳以上でお亡くなりになった場合に長寿銭を用意するケースが多いです。

「いただいた長寿銭はどうしたらいいですか?」と聞かれることがあります。長寿にあやかる為に財布に入れて常に持ち歩く方もいれば、すぐに買い物等で使う方もいます。
私の知る限りでは、いただいた後の決め事は特にありませんので取扱いはお任せしています。

2016年12月11日

2016年12月 4日

葬儀の不安は何と言っても『費用』『価格』『料金』です

葬儀で不安な事第1位は『費用』『価格』『料金』...です。

葬儀屋さんのホームページを見てみると、葬儀費用で違いのある部分は主に「葬儀一式料金」や「プラン価格」で、葬儀社ごとにまちまちですね。必要な物が入っていなかったり不必要な物が入っていたりで一般の方には分かりづらいし不安なところです。群馬県の家族葬・一般葬の例では葬儀一式15万円位から50万円位までの幅がありますので、いったいどの葬儀屋さんに依頼していいのかまったくわからないと思います。
下記の表は家族葬・一般葬を行うにあたり最低限必要なものを書き出したものです。ただし返礼品と料理関係、宗教者費用は各家庭により違いますので入っていません。表をプリントアウトしていただき検討している葬儀屋さんの「葬儀一式料金」を参考に全項目を記入してみてください。その合計金額が赤石三光堂の葬儀一式価格と同等の内容になります。群馬県内であれば伊勢崎市や太田市以外の地域にも当てはめることができると思いますので葬儀屋さんを選ぶ際の参考にしてください。
注意点として安いから良い業者、高いから悪い業者ということではありません。ご遺族様にとって満足できる葬儀内容かどうかです。満足のいく葬儀内容であれば相場より多少高いとしてもそれが適正価格といえます。
そのために事前相談や事前見積、終活をしてみるのも良いことだと思います。
sougiissiki.jpg

2016年12月 3日