太田市と伊勢崎市の返礼品の返し方の違い

太田市と伊勢崎市で葬儀内容の違いは特にありません。
違いがあるのは返礼品の返し方です。

群馬県の葬儀では、「新生活」という受付所があるのは県民の方ならご存知のことでしょう。
この新生活の扱いが太田市と伊勢崎市では違うんです。

太田市
「一般」の受付をしたら「一般用返礼品」をお返しします。
「新生活」の受付をしたら「新生活用返礼品」をお返しします。
「受付無し」で参列のみの場合は返礼品がありません。

伊勢崎市
「一般」の受付をしたら「一般用返礼品」と「会葬御礼の品」をお返しします。
「新生活」の受付をした場合は「会葬御礼の品」をお返しします。
「受付無し」で参列のみの場合も「会葬御礼の品」をお返しします。

ちなみに、「新生活用返礼品」と「会葬御礼の品」は言い方が違いますが同じ品物です。

あぁ~説明していてこんがらがってきました。

例)一般受付50、新生活受付50、その内夫婦での参列は20組。
分かりづらいと思いますが、御香典数が全部で100で、参列者数は120ということです。

結果
太田市 一般用返礼品50個、新生活用返礼品50個をお返しします。
伊勢崎市 一般用返礼品50個、会葬御礼の品120個をお配りします。

わかっていただけたでしょうか。
説明が難しいです。
もしどうしても分からない場合、ご連絡をいただければ説明させていただきます。
お電話お待ちしています。

PageTop

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.akaishi-sankodo.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/316