2018年4月30日

続々新作仏壇が仲間入り


仏壇担当の清水です。

またお店に新しい仏壇が仲間入りしました。
現代型仏壇です。

【エルフ】¥373,000-(税込)

eruhu2.JPG


名前は妖精という意味の可愛らしいものですが、見た目は重厚感もあって正面から見ると迫力があります。
写真で見た物と実際に見た物では感じ方が違うと思いますので、是非ご来店してみて下さい。

今回は以上の一台のみです。
前回紹介させて頂いた仏壇も併せてよろしくお願い致します。

清水でした。

2018年4月26日

群馬県の香典袋は特殊?

お葬式と言えばお香典

お香典と言えば香典袋

香典袋と言えば
koudenfukuroteinei.jpg
こんな感じが思い浮かぶのではないでしょうか。
これは専用の用紙を三つ折りにして上下を折り曲げ水引をかけるタイプです。
おそらくこんな感じの香典袋が全国でも一般的なのかなと思います。

対して群馬県の香典袋の主流はというと
こちら

tatouomote.jpgtatouura.jpg
見てもらったらわかるように簡易型ですね。
3万円くらいまでならこのような簡易型の香典袋で受付をする方が多いです。(写真はたまたま新生活用の香典袋です)
水引も絵です。
お香典も内袋に入れずにそのままむき出し状態で入れます。
こんな感じ↓↓↓
nakami.jpg

何故か

群馬県のお葬式は返礼品が即日返し(お焼香が済んだらすぐに返礼品を受け取る)なので、受付係がお香典の中身をその場で確認する為です。水引のかかった丁寧なお香典で内袋がのりで留めてあると中身の確認に手間取り、あっという間に受付所に行列ができてしまいます。
このようなことから群馬県(返礼品を即日返しする地域)では簡易型の香典袋が重宝され、葬儀屋さんをはじめホームセンターやスーパーでも必ず簡易型の香典袋を販売しています。

ちなみに

東京からお越しの会葬者の前でお香典の中身を確認していたところ「失礼じゃないか!」と怒られたことが何度となくあります。
「こちらの地域のやり方なので」と説明はするんですがなかなか納得していただけないのが現状です。
しかし群馬県ではこれからも続く慣習ですのでご了承いただきたいと思います。

2018年4月22日

仏壇展示会、無事に終了しました

JAにったみどり農協さんでの2日間の展示会、無事に終了致しました。
片付けが一段落し、ほっとしているところの仏壇担当の清水です。

huukei2.JPG

仏壇や仏具などいろんな物を展示させて頂き、たくさんのお客様に来場して頂きました。

obnn.JPG

お盆に向けての家紋入り弓張り提灯の展示もさせて頂いたところ多数のご予約を頂きました。
今年が新盆になるご家庭や、現在使用している提灯が長年の使用で傷んでしまって買い替えを考えている...
当社では弓張り提灯の予約を受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

という事で、誰もケガや体調を崩す事もなく終わって何よりです。

仏壇担当の清水でした。

2018年4月20日

仏壇展示会準備中...

今日は暖かいというよりは暑かったですね...
仏壇担当の清水です。

本日はJAにったみどり農協さんで4月21日(土)、22日(日)の2日間で開催される春の大展示即売会に赤石三光堂として出店する仏壇展示会の準備をしていました。

senntei.JPG

展示する仏壇を選定中です。
人気の仏壇から最新の仏壇までよく吟味します。

その後はJAにったみどりさんにて展示会場の設営です。

tennjikai.JPG

全員でどうしたら展示を見に来て頂けるか考えながら設営をしました。
多種多様なお仏壇や仏具を展示させて頂きます。

明日は是非展示会に足をお運び下さい。
私も2日間展示会場にて販売員としてお待ちしています。

清水でした。

2018年4月19日

新生活の例②

前回に続き新生活受付の例です

例②ー2
同級生が亡くなった

同窓会で会うくらいで普段のお付き合いはない。

新生活受付へ

受付時もしくは会葬後に1,000円程度の返礼品をいただきます。

ちなみにお香典が1,000円でも3,000円でも同じ返礼品です。


例②ー2
同級生が亡くなった。

同級生とは今でも個人的に付き合いがある。

5,000円以上のお香典

一般受付へ

全国の皆様から見ると特殊な受付方法かもしれませんが、群馬県では一般的な受付方法です。群馬県の一部地域ではなく群馬県全域で行われています。
普段からお付き合いがある(一般5,000円以上)か無い(新生活3,000円以下)かでどちらの受付に行くか判断すればほぼ間違いないと思います。

2018年4月13日

新作仏壇のご紹介 現代型仏壇編

仏壇担当の清水です。

引き続き新作仏壇をご紹介させて頂きます。
今回は現代型仏壇のご紹介です。


【書院】¥211,000-(税込)
sinnsyoinn.JPG
和室に洋室にも合うようなモダンな造りの仏壇です。今までにないような本尊スペースです。京都にある有名なお寺の源光庵の窓みたいです。引き出しも大きく、小物もたくさん入れる事ができます。

【絆】¥252,000-(税込)
kizuna.JPG
昔ながらの唐木仏壇のようなデザインですが、現代風な造りの仏壇です。
中は広いので御本尊様や位牌もゆったりとしたスペースに置くことができそうです。
今と昔がうまく融合したお仏壇と言えるでしょうか。

【ヴォーグ】¥147,000-(税込)
vo-gu.JPG
扉を閉めると本当に家具のような佇まいです。当社総務スタッフ一番評判が良かった仏壇です。もちろん扉を開けば立派な仏壇です。この仏壇には経机が付属品として付きますのでお得です。ちなみに「ヴォーグ」という名前の由来は...ちょっとわかりません。

以上が今回の新作の仏壇になります。
いろんなデザインや作りの仏壇が増えています。今後も新しい仏壇をチェックしつつご紹介できればと思います。

仏壇の事で気になる事があればご来店はもちろんの事、電話でのお問い合わせも受け付けておりますのでよろしくお願いします。

仏壇販売担当 清水

2018年4月12日

新作仏壇のご紹介 上置き仏壇編

赤石三光堂の本社に新作の仏壇が展示されました。
突然ですが仏壇販売担当の清水です。今回は私がご紹介をさせて頂きます。

まずは上置きの仏壇です。

【和】¥122,000-(税込)
nagomi.JPG

「和」と書いて「なごみ」と読みます。
注目はご本尊様を置くスペースの背景がまるで流れ星のようなデザインになっています。
同じく外販担当の私の上司オススメの仏壇です。


【小町】¥114,000-(税込)
komati.JPG

「小町」というとなんだか美しいイメージがあります。
「〇〇小町」なんて言ったりしますし。中はふすまが開いているかのような、とても和風な造りとなっています。


【酔月】¥92,000-(税込)
suigetu.JPG

「すいげつ」と読みます。
「月」と名前に入っているからなのかはわかりませんが、仏壇を正面から見ると満月のように見えます。桜模様もあしらわれていてキレイです。


【蓮華】¥92,000-(税込)
rennge.JPG

この仏壇の扉を閉めると一輪の大きな蓮の花が現れます。実際にどのようになるか気になる方は是非ご来店してお試し下さい。
またガラスの台が取り付けられているので納品時は細心の注意を払います(もちろんどんな仏壇でも同じです)


今回はこれまでです。新作の仏壇はまだまだあります。
次回は現代型仏壇の紹介をさせて頂きます。

2018年4月 9日

後悔しない為の葬儀事前見積り

事前見積りの方法②

比較してみる
葬儀のお見積りは一社に限らず数社とってみるのもお勧めです。
一番安い葬儀が一番良い葬儀屋さんとは限りません。高い葬儀だから悪い葬儀屋さんとも限りません。
一番安い葬儀とうたっている葬儀社のプランは追加が多い傾向ですし、高い葬儀というのは何から何まで至れり尽くせりなんですが、会計の時に「あれっ」っと思う傾向です。
もちろん安くて満足できる葬儀屋さんもたくさんありますし、高いけど大満足な葬儀屋さんもたくさんあります。

今現在は元気な方で、将来の勉強のために見積りをとりにくる方もたくさんいらっしゃいます。是非お気軽にご来店下さい。

2018年4月 6日

新生活の例①

『新生活』って知ってますか?
群馬県以外の方は知らないかもですが、1,000円~3,000円くらいのお香典の場合は『新生活』という専用受付所で受付をします。
群馬県以外の地域からご会葬する際にはお気を付けください。

ではどのような時に新生活の受付をするのかというと

例①ー1
会社の同僚の親が亡くなった。

同僚と個人的なお付き合いはない。亡くなった方とは面識が無い。

新生活受付へ

受付時もしくは会葬後に1,000円程度の返礼品をいただきます。

ちなみにお香典が1,000円でも3,000円でも同じ返礼品です。


例①ー2
会社の同僚の親が亡くなった。

同僚とは個人的にも付き合いがある。亡くなった方とは面識が無い。

5,000円以上のお香典

一般受付へ

2018年4月 2日

後悔しないための葬儀事前見積り

事前見積りの方法①

ご来店・ご来館
事前のお見積りは実際の葬祭店か葬祭ホールでしてもらうのが雰囲気もわかるのでお勧めです。その際はあらかじめ予約をして「葬儀の見積り希望」と伝えておくとスムーズです。ご予約無しでのご来店・ご来館は担当者が不在ということがありますのでご注意ください。

実店舗を持たない葬祭業者とのメールのやりとりや電話オペレーターとの相談では地元の葬儀のやり方を知らない例が多いのでご家族の思いや希望が伝わりづらいです。後々問題が発生する恐れがありますのであまりお勧めはしません。出来る限り地元の葬祭店か葬祭ホールで行った方がいいです。