2019年3月 7日

伝統工芸と言われても正直ピンときません

いつか行ってみたい場所は北海道です。
という話を友人としたら「スケール小さいな!」と言われた事がある仏壇担当の清水です。
とりあえずその友人は北海道民に謝りなさいと伝えました。

そんな訳で新しい仏壇です。
【箱根】¥354,000(税込)
hakone1.JPG
最近は有名は観光地の名称を付けた仏壇が多いのでしょうか。

また名前に意味は無いのかなと思っていましたが...
hakone2.JPG
仏壇上部のこの模様ですが
hakone3.JPG
これは寄木細工(よせぎざいく)という様々な木材を組み合わせて色合いの違いを利用して模様を描く木工技術だそうです。※Wikipediaより抜粋
しかもこの寄木細工はなんと箱根の伝統工芸で200年の歴史をもつそうです。
模様にもいろんな種類があり、この仏壇に描かれている模様は八角麻の葉(はっかくあさのは)というものです。今回の仏壇に関してはちゃんと名前に意味があったのかなと思いました。

なんだか仏壇の紹介というよりは寄木細工の紹介みたいになってしまいましたね。
小柄な仏壇ですが位牌や仏具もたくさん置けます。置き場所も困らないのかなと思います。

もっといろいろ探せばこういった仏壇もあるのかなと思う仏壇担当の清水でした。
伝統工芸に関しては知識ゼロなのでWikipedia便りです。

2019年3月 3日

オシャレでスマートなお仏壇


新しい仏壇が仲間入りしましたのでご紹介します。
【ローマ】¥201,000-(税込)
ro-ma1.JPG

「ローマってイタリアの首都だっけ...?」ってぐらい勉強してこなかった仏壇担当の清水です。やっぱり名前に深い意味はないみたいです。ローマ産の仏壇でもないみたいです。そもそもローマに仏壇なんてあるのでしょうか。

正面はこんな感じです。
ro-ma2.JPG
中も広々としていますので位牌もしっかり置けそうですね。

ro-ma3.JPG
そしてこの仏壇の中の台ですが...
ro-ma4.JPG
取り外し可能です。また雰囲気が変わりますね。
そして更に隠し要素がありまして...
ro-ma54.JPG
なんとここ開きます。隠し扉ですね。
仏壇の中にはこのような見た目ではわからない扉が内蔵されてる物があります。
よく仏壇に貴重品などを保管してしまう方がいますがあまりオススメできません。というのも万が一空き巣などに狙われた際です。空き巣が一番に見るのが仏壇と言われています。大事な物が入っているぞってイメージがあるみたいです。要注意ですね。

まだいくつか新しい仏壇が入荷したので後日紹介させて頂きます。
仏壇担当の清水でした。

2019年3月 1日

平成最後の仏壇売出し

新しい年号に自分の名前の一部が入るんじゃないか?
なんて唐突に言われました。仏壇担当の清水です。
絶対入らないと思います。

という訳で平成がもうそろそろ終わります。
そして春のお彼岸も近付いてきています。

3月2日より、赤石三光堂本社、太田西さくら会館にて仏壇セールを行います。
もちろん仏壇だけではなく仏具やお線香などもセールの対象となります。

新規の購入をお考えの方や、もちろん興味があって見学に来ていただくだけでも構いません。
是非ともよろしく尾お願いします。
それでは仏壇担当の清水でした。