深谷市、本庄市のお葬式チラシ

10月18日
深谷市と本庄市向けに赤石三光堂の新聞折込チラシが入ります。
今回のチラシは「深谷市と本庄市の家族葬を群馬県の伊勢崎市でおこないませんか」
という内容です。
ブログ上でも何度か取り上げていますが、埼玉県の方からのお葬式のご依頼が少しずつ増加傾向にありますので、少しですがご案内をさせていただきたいと思います。

赤石三光堂の葬儀の特徴としましては

①各葬儀プランに必要なものはほとんど含まれていますので追加が少なくて済みます。

②各病院や施設から直接安置施設へお連れすることで、駐車場の心配が無くご親戚やご近所様へのお気遣いも軽減されます。

③安置施設は深谷市と本庄市から車で10分~30分圏内にあり、公営斎場と隣り合わせなので移動が少なくて済みます。

④低価格な設定で、火葬のですと13万円~。家族葬は28万円~。ご予算に応じてお見積り致します。宗教者とお付き合いがない場合もご希望に沿ってご案内致します。

詳しくはこちらをご覧ください↓↓↓
saitamakensougiomote.jpgsaitamakensougiura.jpg

ブログや折込チラシだけではまだまだ不安ばかりだと思います。
この機会に葬儀の事前相談に限らず、永代供養やお墓の話。お仏壇のことや相続の事。葬儀費用のことやご寺院のこと。火葬のみで済ませるのか家族葬にするのか。ご親戚やご近所のお葬式の形式や費用の解説。
この機会です。なんでもお気軽にご相談下さい。

伊勢崎市佛教会講演会のお知らせ

伊勢崎市佛教会様から講演会のお知らせをいただきました。
毎年恒例になっておりますこの講演会は、回を重ねるごとに聴講者が増えてきています。

私は今回も聴講させていただこうと思っていますが、このブログをご覧になって聞いてみたいと思った方は是非ご参加ください。聴講は無料です。

bukkyoukaikouennkai.jpg

いつの間にかお盆が終了

本来ならお盆についてのお話がもっとしたかったのですが、気が付いたらいつの間にかお盆が終わっていました。

というより
忙しいを理由にブログをサボってました。が正解でしょうか。

さて
皆様のご家庭では無事にお盆がお済になったでしょうか。
初めてのお盆の方も毎年行っている方もお疲れさまでした。
そして初めてのお盆だったご家庭では是非とも毎年続けていただければと思います。

ちなみに
今年のお盆関係の配達先は伊勢崎市、太田市を中心に東は邑楽郡、西は前橋市、北は桐生市、南は本庄市・深谷市と広範囲にお届けしました。
これは毎年のことですが、お盆セールの新聞折込をしていない地域からも多数のご注文をいただけたということです。
赤石三光堂のお盆用品を口コミで広げてくださった皆さま本当にありがとうございました。

第2回 お盆仏壇展示会 伊勢崎市南地区・太田市地区

7月7日8日に今年2回目のお盆用品展示会とお仏壇の展示会を同時開催致します。

会場は本社展示場と太田西さくら会館です。

お盆は盆棚のリースを中心に、弓張提灯(お迎え用提灯)や返礼品を用意。
お仏壇は新作を中心に家具調仏壇と上置き仏壇を多数準備しています。

詳しくはこちら

伊勢崎市南地区↓↓
2018 sakai 2kaime.jpg

太田市地区↓↓
2018 ootanishi 2kaime.jpg

お盆の馬と牛の話

お盆と言って思い浮かぶ中に、馬と牛があると思います。(思い浮かばない方はごめんなさい)

しかし当たり前のように思い浮かぶのになぜお盆に馬と牛が登場するのかはわからないという方がほとんどです。

どなたが言い出したのかはわかりませんが、『ご先祖様に早く帰ってきてほしい』そして『ゆっくり帰ってほしい』ということに由来しています。

この言葉を馬と牛で表すと

『馬に乗って早く帰ってきてほしい』『牛に乗ってゆっくり帰ってほしい』ということになるんです。

ご先祖様への気持ちを表す例えとしてとてもわかりやいですね。


別の話として

ご先祖さまは馬に乗って荷物は牛に載せて帰ってくるという話もあります。
この場合は早く来てゆっくり帰ることはできませんね。
どちらも牛のペースに合わせますのでゆっくりです。
こちらはこちらでご先祖さまが帰ってくる姿を馬と牛を使って例えた「なるほど~」と思える良いお話ですね。

いったい最初に取り入れた人はどのような意味で馬と牛を取り入れたんでしょう。
umaushi.jpg

コープ(生協)のお葬式 太田市・伊勢崎市

コープ(生協)の葬祭サービスを「コプセ」といいます。

kopuse.gif


赤石三光堂はコプセと提携し、群馬県内のコープ(生協)ご依頼の葬儀をお手伝いしています。
担当地域は伊勢崎市と太田市です。

群馬県専用コプセ葬案内

もしもの時は安心の『コープみらい コプセ葬 案内センター』
フリーダイヤル 0120-756-120 にご連絡ください。
●葬儀・寝台車受付:年中無休24時間

赤石三光堂ホール
伊勢崎市
・境さくらファミリーホール
・いせさき東さくら会館
・境さくら会館
太田市
・太田西さくら会館

公営斎場
伊勢崎市
・さかい聖苑
・いせさき聖苑
太田市
・太田市斎場
桐生市
・桐生市斎場 他

また、コプセと赤石三光堂では、組合員様向けの「終活セミナー」を定期的に開催しています。参加者は伊勢崎市民、太田市民に限らず群馬県内各地から来ています。
葬儀や終活に関するセミナーというと堅苦しく参加しづらいイメージですが、コプセのセミナーはコープの店舗や葬儀ホールでコプセの職員が進めていきますので緊張することなく楽しく参加していただけます。
家族葬と一般葬の違い、永代供養、相続のご相談、寺院のご紹介、葬儀費用は香典で賄えるのか、そして葬儀の事前相談に至るまで、聞きたいことを分かりやすく解説いたしますので、初めての方も参加経験のある方も是非参加してみませんか

コプセ提携群馬県斎場一覧

搬送先は自宅?安置施設? 伊勢崎市と太田市の葬儀事情

赤石三光堂は主に伊勢崎市と太田市の葬儀を行っておりますが、近年亡くなられてから自宅にお帰りにならずに、直接安置施設に搬送するケースが増えていると感じました。
そこで平成29年の搬送先の統計をとってみました。

自宅へ搬送   65%

安置施設へ搬送 35%

この数字を見ると一見自宅への搬送が3分の2で多いと思いますが、前年の平成28年も統計をとってみたところ73%でしたので急激な減少だと思います。
逆に安置室への搬送が急激に増えているといえます。
そして今年も5ヶ月が過ぎましたが、安置施設への搬送が昨年より増加しています。

ちなみに私が葬儀業界に入った頃は安置施設に搬送するとか、葬儀の事前相談をするなんて考えたこともなかったので、葬儀屋が言うのもなんですが「随分変わったな~」って思います。

会葬に行ったら神葬祭だった

そんな経験ございませんか?

お葬式といえば仏教って思いこんでいる方がけっこういらっしゃいます。
会場に入って受付を済ませる頃に「おやっ」聞いたことがる音楽が流れているな...
「この演奏は神社でよく聞く演奏だ」
そして会場の外が『ザワザワ』してくるのです。

「え~お焼香じゃないの?」「神葬祭のお焼香ってどうやるの???」「神主さんは結婚式だけじゃなくてお葬式もするんだ~」などなど

赤石三光堂が葬儀を行う地域では神葬祭が圧倒的に少ないので皆さん戸惑ってしまうんですね。
そこで開式前に会葬者に向かって神葬祭の作法について説明をします。

神葬祭はお焼香ではなく玉串奉典であること。合掌ではなく二礼二拍手一礼であること云々。
会葬者全員に見えるように全て実演しながら説明していきます。

会葬する葬儀が仏式なのか神式なのかは行ってみなければわかりません。
もし神葬祭が初めてだった場合は緊張する方も多いと思います。そんな時は遠慮なくスタッフに声をかけてみてください。実演を交えながら説明させていただきます。

伊勢崎市と太田市の葬儀事情 花輪編

葬儀の時の花輪を見かけなくなって久しいです。
その昔は葬儀と言えば『花輪』でしたが、今ではすっかり見かけなくなりました。
こんなのです↓↓
hanawa.jpg

テレビのドラマでお葬式の場面が出てくると今でも花輪が出てくるので、都会ではまだ慣習が残っているんだなって思っています。

さて地元事情としてはなんですが、

群馬県と言えば真冬に『空っ風』という名物の強風がありまして、自宅で葬儀ともなれば畑や田んぼに高さ4メートルの花輪を立てなきゃいけないので、そりゃ~大変でした。
花輪の脚が折れるとか紐が切れて飛んでいってしまうとか、とにかく大変だった思いでしかありません。

ホール葬が増えることで風の心配をしなくて済むので本当に楽になりました。

でも今となってはちょっと懐かしいですね。

伊勢崎市・太田市の副葬品

お久しぶりでございます。
少し間隔が空いてしまいましたが今後も続けていきますので宜しくお願いします。

私は伊勢崎市と太田市がメインですのでその他の地域はいまいちわからないのですが、
今回は副葬品についてお話したいと思います。

そもそも副葬品とはなんだと思いますか?

副葬品とは故人とともに棺に納める品物のことです。
普段着ていた服を入れてあげたいとか読書が好きだったので本を入れてあげたいとか、お酒が好きだったので入れてあげたいとか多種に及びます。

megane.jpgその中でも『眼鏡』は入れてあげたい候補の中でも常に上位に位置しています。
今回はその眼鏡についてお話をさせていただきます。

いわゆるあの世では亡くなる時に悪かった所は全て治るとされていますので当然『視力も治ります』。ということで本来眼鏡は入れなくてもよい物なのですが、ご遺族様からすると故人が何十年も眼鏡をかけていたので印象が強く、入れられるものなら入れてあげたいという気持ちはわかります。

しかし火葬場では眼鏡を入れたまま火葬をすることを「禁止」しています。

何故かと言うと眼鏡を火葬すると溶けて燃え残りますので火葬炉に付着してしまう。溶けた眼鏡がご遺体に付着してしまう。ということになりますので禁止なのです(詳細な事情はもっとあると思います)

赤石三光堂としては、どうしても入れてあげたい場合には棺に入れるのではなく、火葬終了後に骨壺の中に遺骨と一緒に入れてあげることを提案しています。綺麗なままの眼鏡を最後に収めることで、有難いことに皆さん納得していただいています。

群馬県の香典袋は特殊?

お葬式と言えばお香典

お香典と言えば香典袋

香典袋と言えば
koudenfukuroteinei.jpg
こんな感じが思い浮かぶのではないでしょうか。
これは専用の用紙を三つ折りにして上下を折り曲げ水引をかけるタイプです。
おそらくこんな感じの香典袋が全国でも一般的なのかなと思います。

対して群馬県の香典袋の主流はというと
こちら

tatouomote.jpgtatouura.jpg
見てもらったらわかるように簡易型ですね。
3万円くらいまでならこのような簡易型の香典袋で受付をする方が多いです。(写真はたまたま新生活用の香典袋です)
水引も絵です。
お香典も内袋に入れずにそのままむき出し状態で入れます。
こんな感じ↓↓↓
nakami.jpg

何故か

群馬県のお葬式は返礼品が即日返し(お焼香が済んだらすぐに返礼品を受け取る)なので、受付係がお香典の中身をその場で確認する為です。水引のかかった丁寧なお香典で内袋がのりで留めてあると中身の確認に手間取り、あっという間に受付所に行列ができてしまいます。
このようなことから群馬県(返礼品を即日返しする地域)では簡易型の香典袋が重宝され、葬儀屋さんをはじめホームセンターやスーパーでも必ず簡易型の香典袋を販売しています。

ちなみに

東京からお越しの会葬者の前でお香典の中身を確認していたところ「失礼じゃないか!」と怒られたことが何度となくあります。
「こちらの地域のやり方なので」と説明はするんですがなかなか納得していただけないのが現状です。
しかし群馬県ではこれからも続く慣習ですのでご了承いただきたいと思います。

新生活の例②

前回に続き新生活受付の例です

例②ー2
同級生が亡くなった

同窓会で会うくらいで普段のお付き合いはない。

新生活受付へ

受付時もしくは会葬後に1,000円程度の返礼品をいただきます。

ちなみにお香典が1,000円でも3,000円でも同じ返礼品です。


例②ー2
同級生が亡くなった。

同級生とは今でも個人的に付き合いがある。

5,000円以上のお香典

一般受付へ

全国の皆様から見ると特殊な受付方法かもしれませんが、群馬県では一般的な受付方法です。群馬県の一部地域ではなく群馬県全域で行われています。
普段からお付き合いがある(一般5,000円以上)か無い(新生活3,000円以下)かでどちらの受付に行くか判断すればほぼ間違いないと思います。

後悔しない為の葬儀事前見積り

事前見積りの方法②

比較してみる
葬儀のお見積りは一社に限らず数社とってみるのもお勧めです。
一番安い葬儀が一番良い葬儀屋さんとは限りません。高い葬儀だから悪い葬儀屋さんとも限りません。
一番安い葬儀とうたっている葬儀社のプランは追加が多い傾向ですし、高い葬儀というのは何から何まで至れり尽くせりなんですが、会計の時に「あれっ」っと思う傾向です。
もちろん安くて満足できる葬儀屋さんもたくさんありますし、高いけど大満足な葬儀屋さんもたくさんあります。

今現在は元気な方で、将来の勉強のために見積りをとりにくる方もたくさんいらっしゃいます。是非お気軽にご来店下さい。

新生活の例①

『新生活』って知ってますか?
群馬県以外の方は知らないかもですが、1,000円~3,000円くらいのお香典の場合は『新生活』という専用受付所で受付をします。
群馬県以外の地域からご会葬する際にはお気を付けください。

ではどのような時に新生活の受付をするのかというと

例①ー1
会社の同僚の親が亡くなった。

同僚と個人的なお付き合いはない。亡くなった方とは面識が無い。

新生活受付へ

受付時もしくは会葬後に1,000円程度の返礼品をいただきます。

ちなみにお香典が1,000円でも3,000円でも同じ返礼品です。


例①ー2
会社の同僚の親が亡くなった。

同僚とは個人的にも付き合いがある。亡くなった方とは面識が無い。

5,000円以上のお香典

一般受付へ

後悔しないための葬儀事前見積り

事前見積りの方法①

ご来店・ご来館
事前のお見積りは実際の葬祭店か葬祭ホールでしてもらうのが雰囲気もわかるのでお勧めです。その際はあらかじめ予約をして「葬儀の見積り希望」と伝えておくとスムーズです。ご予約無しでのご来店・ご来館は担当者が不在ということがありますのでご注意ください。

実店舗を持たない葬祭業者とのメールのやりとりや電話オペレーターとの相談では地元の葬儀のやり方を知らない例が多いのでご家族の思いや希望が伝わりづらいです。後々問題が発生する恐れがありますのであまりお勧めはしません。出来る限り地元の葬祭店か葬祭ホールで行った方がいいです。

さくら会と互助会の違い

さくら会とは赤石三光堂の会員システムで、入会金1,000円で会員特典が得られるというものです。以降の払い込みは一切ございません。
葬儀の特典としてはプランから15%引き。例として家族葬でしたら330,000円が280,000円になります。※詳しくは葬儀プランをご覧ください。
これは額が違っても全国ほとんどの専業葬儀社で行っているもので、赤石三光堂でも例に漏れず導入しています。

互助会というのは、加入者が毎月一定額の掛金を前払金として払い込むことで、葬儀に対するサービスが受けられるというシステムです。
掛金はだいたい2,000円~3,000円を100回~150回くらい払い込むと500,000円~800,000円のプランが300,000円~400,000円くらいになるという感じです。
金利は一切付きません。利用時に消費税額分の支払いが生じます。

どちらが良い悪いはありません。あくまでもシステムの違いですので、急なことでなければできる限り事前のお見積りをお勧めします。

お彼岸後のお墓の様子

お彼岸後にちょっとした用事で何か所かの墓地を回りました。その中で感じたのがお彼岸期間中に誰もお墓参りに来ていないであろうお墓が多かったということでした。
しかも毎年少しずつ増えているような気がします。

これも『時代』で片づけてしまっていいものか...

もちろんお彼岸のお墓参りは強制ではありませんし、家族のスケジュールが合わないとかいろいろと都合もあるでしょう。
ただ少し寂しい気持ちになりました。

郷に入っては郷に従え

お葬式といえば『郷に入っては郷に従え』ですね。
ほんとにいつもそう思います。
お葬式はその土地土地でやり方が違います。群馬県内でも様々です。
私が他地域のお葬式に参列する時は、心の中でおかしいなー不思議だなーって思いながらもその地域のやり方に合わせます。

郷に入っては郷に従えです。

親戚として出席する際も、こんなやり方があるんだー群馬県と全然違うーとか思いながらも合わせます。

郷に入っては郷に従えです。
もちろん私以外のほとんどの方も合わせています。

しかし世の中には自分が住んでいる地域のお葬式が正しいお葬式で、他の地域で行うお葬式は間違ってると思い込んでいる方が少なからずいらっしゃいます。

「この葬儀のやり方はおかしいだろー」
「葬儀屋はもっと勉強しなさい」等々々々々...

けっこうグサグサと言われてしまいます。
喪主さんも困り果てていることが多いです。

お葬式のやり方は地域や宗教、家庭によっても様々です。
何が正しくて何が間違えてるということはありません。
故人を弔う気持ちが一番大切なんだと思います。


近年、子供さん達は都会に出てしまい、ご両親のお葬式の際に喪主として帰郷することが多々あります。
その時に何もわからないで淡々と時間が過ぎていまわないよう、事前相談が重要になってきます。不安なことやわからないこと、群馬県の葬儀のやり方や葬儀料金等何でもお答えいたしますので気兼ねなくご相談下さい。

群馬県のお墓がお勧め

東京都内ではお墓が足らない!抽選で10倍20倍は当たり前!などという話をよく聞きます。東京では亡くなる人は多いし土地も無いしで大変そうですね。
地方出身で東京に家を構える方が多いことから、まだまだこれからもお墓不足は増え続けることでしょう。
そこで地方は?というと
ここ伊勢崎市と太田市では寺院内のお墓が足らないということは特に聞いたことがありません。どちらかというと余り気味です。新規でお墓を建てることが少なくなり、最初から永代供養墓へ納めることが増えてきていることも要因です。
東京でお墓が買えなくて困っているようでしたら是非群馬県の寺院まで足を運んでみてはいかがでしょうか。東京より広くて安い墓地が見つかるかもしれません。

JAにったみどりのお葬式

赤石三光堂はJAにったみどり様と太田市(旧新田町、旧尾島町)の葬儀を共同で行っています。
地元に密着しているJAだからこそ『不安しかない葬儀を安心して任せることができる』という方も多く、長年にわたり太田市の皆様からご利用いただいています。

終活、事前相談、家族葬、一般葬儀、火葬、法事、お盆 等、JAにったみどり葬祭担当者と赤石三光堂は皆様の『不安を安心に変える』を合言葉に、これからも全力でサポートさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

JAにったみどり葬祭のホームページはこちら

妊婦さんが葬儀に出席する場合

昔から言われているのが「妊婦さんは葬儀に出席するもんじゃない」です。
ただし、どうしても出席したい(しなければならない)場合はお腹のところに「鏡を入れる」と言われています。

さて
ただ鏡といってもどうしていいかわからないですよね。
一番よく聞くのが「手鏡の鏡のほうを外に向けて腹帯にはさむ」です。
鏡が邪気を追い払ってくれると言われています。

鏡を入れないとどういう事になるのか?
言われているのが「アザのある子が産まれてくる」ですね。

でも安心してください。これ全部迷信です。
何の根拠もありません。
妊婦さんが弔問客のお世話をして体に負担をかけさせない為だったり、ご遺体から病気がうつらないようにとか、悲しみの中大勢の中にいることでストレスを感じて子供に悪い影響がでないようにと昔の人が考えたものです。
悪い迷信ではなく有難い迷信なんです。

ちなみに私が聞いたことがある鏡の入れ方は3通りあります。
①鏡を外側に向けて腹帯にはさむ
②鏡を内側に向けて腹帯にはさむ
③鏡を2枚合せて両面鏡にして腹帯にはさむ

①は邪気を跳ね返す意味
②は赤ちゃんの生気を外に出さない為
③は赤ちゃんの生気を外に出さないとともに邪気を跳ね返す

気にしなければそれまでですが、鏡を入れることで少しでも安心できるなら入れることをお勧めします。

後悔しない"供養"

2月6日放送の『ガイアの夜明け』を見た方はいるでしょうか。
タイトルは『後悔しない"供養"』
番組では身内を亡くした人たちのなかで「葬式で弔いきれなかった」と後悔している割合は45%に上るという結果をあげていました。
ここ群馬県からすると、「ん~」 なんですよね。
群馬県てひとくくりにしてしまうと語弊がありますね。
私個人の「ん~」です。
45%って凄い数字ですよ!そんなに多くの方々が「葬式で弔いきれなかった」「後悔してる」って大問題すぎます。
私の経験上そんなに多くの方が後悔しているとはとても思えないんです。

ぜひ赤石三光堂に取材にきてもらいたいものですね。

結果と言われてしまえばそれまでですが、個人的には現実味のない番組だったと思いました。

家具調仏壇の豆知識

みなさんは家具調仏壇をご存知ですか?
以前にもここで特集しましたので憶えている方も多いと思いますが、『仏壇』というより『家具』という感じで、洋間にも違和感なく馴染んでしまう現代型のお仏壇のことです。
そんな家具調仏壇ですが、実はあまり知られていない使い方があります。

それは

『遺骨の安置』です。

お仏壇といえば位牌を納めてお線香をあげてご先祖様を供養する大きな箱みたいなイメージだと思いますが、実は下段にご遺骨を収納するスペースがあるんです。
↓↓↓↓↓
airisu.jpgkagutyouhiraki.jpg


ごらんのように下段にご遺骨が収まっています。恒久的ではないものの一時的な安置所としてご利用いただけます。
お墓が無いので不安だった、お墓は建てるがまだ先だ、今はお墓を建てる余裕が無い等不安だった方も多いのではないでしょうか。
そんな方に家具調仏壇にはこんな利用方法があったんだと思ってもらえれば幸いです。

さて昨日より赤石三光堂では彼岸前のお仏壇セールを開催しています。
新聞折込でのお知らせは伊勢崎市のみなさまと深谷市・本庄市のみなさまにさせていただきました。
お仏壇セールと言っても聞きたいことは何でも聞いてください。葬儀でもお墓のことでも何でもお答えいたします。
期間は18日までですので都合の良い日にお越しください。

春のお彼岸お仏壇セール

お知らせです。
3月3日より18日まで赤石三光堂『春のお彼岸仏壇セール』を行います。
新聞折込チラシの範囲は伊勢崎市・深谷市・本庄市です。
今回も群馬県で一番安くご提供できるよう精いっぱい値下げ致しました。
是非ご家族でお越しくださいませ。
2018.02.jpg

自分自身の望ましい葬儀のかたち

タイトルだけ聞くとちょっと難しいかもしれませんが、ようするに『自分が亡くなった場合の葬儀をどのようにやってほしいか』です。

これは一般社団法人日本消費者協会のアンケート結果なんですけど、

1番多かった回答が『費用をかけないでほしい』で54.9%
2位が『家族だけで送ってほしい』で45.1%です。
3番目に『家族におまかせ』が22.9%で入りました。

この結果から約半数の方が「費用を抑えた家族葬」を望んでいることがわかります。

この「費用を抑える」と「家族葬で」の結果はまだまだ増加傾向にありますので、近い将来60%から70%になることが予想されます。

さて、伊勢崎市や太田市、埼玉県深谷市や本庄市の赤石三光堂の葬儀はというと、ほぼこの結果と同じようになっています。
そしてやはりまだまだ家族葬が増加傾向にあります。

流行というわけではありませんが、核家族が増え、ご近所とのお付き合いが無くなってきたことを考えると自然な成り行きなんでしょうね。

風が吹けば桶屋が儲かるって葬儀屋さんのこと?

『風が吹けば桶屋が儲かる』

皆さんはこのことわざを知ってますか?
聞いたことはあるけど意味はわからないという方が多いでしょう。

でもでも
まさかですが

知っているという方の中に『風が吹けば葬儀屋が儲かる』と思っている方はいないでしょうね。

そうです
大間違いです

風が吹いても葬儀屋さんは儲かりませんよ。

このことわざは
風が吹くと埃が立つ➡埃が立つと目を患って失明する人が増える➡失明した人は職業として三味線ひきになる➡三味線をいっぱい作るのに猫の皮を使うので猫が減る➡猫が減るとネズミが増える➡ネズミが増えると桶をかじる➡桶の購入や修理が増える➡桶屋が儲かる
とまー昔の人が作ったお話で、ひとつの事柄がまわりまわって別のことに作用するというたとえ話です。

間違って憶えている方は途中までは一緒なんですけど、ネズミが増えると疫病が増えて亡くなる人が増える。よって棺桶屋が儲かる。こんな感じで憶えているみたいですね。
またはもっと単純に風が吹くと風邪をひく人が増えて亡くなる人も増えるから棺桶屋が儲かると憶えている人もいます。

意味を間違えて憶えている方がいましたら教えてあげてくださいね。

ちなみに
ここ群馬県は赤城おろしという大風が吹きます。埃も半端じゃなく凄いです。前が見えない時もあります。自動車に砂ぼこりがバチバチ当たることもあります。
でもその大風で目を患ったという話は聞いたことがありません。

配偶者死亡により名字を旧姓に戻す

昨日初めて知ったことをお話します。

題名にも書いた通り配偶者が亡くなった場合、名字を旧姓に戻せるということです。

みなさん知ってました?

私は考えたこともありませんでした。
主に女性が対象になると思いますが、『復氏届』というのを役所に提出すると旧姓に戻せるということです。
期限もありません。
ただし復氏届を提出しても同時にお子さんの名字を変えることはできないようです。
お子様の名字を変更する場合には家庭裁判所に申し立てをしなければなりません。

必要ない方がほとんどだと思いますが、豆知識程度のお話でした。

ペットの火葬

近年、ドライアイスを購入しに来店する方が増えています。

なぜでしょう。

ペットが亡くなったので火葬するまでの期間をドライアイスで冷やしたいということです。

ペットと簡単に言ってしまいますが、飼い主様にとっては『家族』なんです。
庭に穴を掘って埋めておけばいいという話は昔の話で、今はちゃんと火葬をしてあげて弔ってあげるのが主流になりつつあります。しっかりお葬式をすることもありますし、ペット専用墓地に埋葬することもあります。

赤石三光堂ではドライアイスを常備していますので、営業時間内でしたらいつでもご提供できます。また、電話一本で自宅までお届けすることも可能ですので気兼ねなくご連絡いただければと思います。

弔電出したことありますか?料金は?

そもそも弔電て何?と聞かれると困るんですが、お葬式に会葬できなかった方が電報を使ってご遺族にお悔やみの言葉を伝えるというものです。

ということで料金はいかほど?

みなさん弔電の料金て知ってますか?
正直言ってピンからキリまでありますので、一概にいくらですとは言えません。
まず文面が文字数に応じて料金が増えていきます。およそですが一通100文字、2,000円くらいが目安です。

例)
●●●様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみを申しあげます。 ご遺族の皆様のお悲しみをお察し申しあげますとともに、安らかなるご冥福を心からお祈りいたします。
ちなみに差出人の名前も文字数で料金に含まれます。

そして台紙にも種類があります。0円~10,000円超までです。
こんな感じから
tyouden.png

こんな感じまで
daishi.jpg

結果1番シンプルな弔電を送ると文面が約2,000円。台紙が0円で合計2,000円
高級な弔電の場合は文面が変わらず約2,000円。台紙が12,000円として合計14,000円になります。

私自身葬儀業界に入る以前は弔電は500円くらいで送れるのかなと思っていましたので、案外高額なのに驚いたのを憶えています。

ちなみに高い弔電がいいか安い弔電がいいかはお気持ち次第ですのでまったく問題ありません。安心してください。

実際に電報を送る

お墓のこともけっこう依頼されます

葬儀も頼んだのでお墓のことも引き続きやってもらえませんか?と依頼されることが多いです。

安心してください。赤石三光堂は小規模ながら墓石に関する一切も行っています。

例えば
墓石の横に建っている『墓誌』というものをご存知でしょうか?
これです↓↓
boshi.jpg

身内が亡くなると49日法要までにこの『墓誌』に故人の戒名や没日等を彫り込むんですがご存知でしょうか?

ご存じない方もご安心下さい。赤石三光堂の墓石部門が責任をもって施工させていただきます。
価格は比較的安価な税込16,200円です。

赤石三光堂は葬儀だけではなく、葬儀後にやらなければならないことも漏れのないようにご案内するとともに、ご遺族様で手配のつかないところは積極的にお手伝いいたします。

お困りの際は気兼ねなくご連絡ください。

古いお仏壇のお引き取り

本日は今年最初のお仏壇お引き取りに伺います。
回収業者の数ある中で赤石三光堂を選んでいただいたことに感謝感謝です。

地域的には埼玉県深谷市ですので伊勢崎市内に向かうより近い感じがしますね。
これから依頼しようとお考えの方がいらっしゃいましたら、あまり距離とかを考えずにお電話をいただければと思います。
日帰りで帰ってこれる距離ならできる限り遠くまでお引き取りにお伺いします。任せてください。

魂抜きのお済でないお仏壇も、お預かり後に当社依頼の住職にご供養していただくことも可能ですので安心してお電話してください。
メール等での連絡ができるようでしたら供養の模様のお写真を送ることも可能です。
御依頼お待ちしております。

仏壇のお引き取り料金はこちらです。

法事のお返しものに楽天1位の商品はいかがでしょうか

法事の時のお返しものって悩みませんか?
親戚に差し上げるのに何が一番好まれるのか想像もつきませんよね。
定番のお茶や海苔、珈琲の詰合せや洗剤、シーツや毛布と数え上げればきりが無いしやっぱりなかなか決まらないものです。
他人からは「自分が頂いて嬉しいものを贈ればいいんだよ」なんてよく言われますが、それはそれで相当難しいですよね。
じゃーいったい何を贈ればいいのか

そこで

当社のギフト部門のサラダ館で去年から一押ししているのが『バウムクーヘン』です。しかも楽天ランキング堂々1位の日本で一番好まれているバウムクーヘンなんです。

これです↓↓   楽天のページはこちら
baum.jpg

baum2.jpg

楽天ですとインターネットでのご注文になりますが、当社のサラダ館部門では店頭でご注文できますし、お客様宅にお届けや店頭での手渡しもできるんです。また会食先までのお届けや袋詰めもしますので、法事後にそのまま持って帰れるようにして納品することも可能です。
施主様にお手間は取らせません。

もしお返しもので悩まれている方がおりましたら、ぜひお声がけください。

頂いた方に喜んでいただける『バウムクーヘン』をこの機会に選んでみてはいかがでしょうか。

購入希望の方はこちら ➡ サラダ館

もっと詳しく知りたい方はこちら 楽天のページ

亡くなった方の銀行口座

年に何度か「銀行が止められちゃうから死亡届はまだ役所に提出しないでください」とご家族様に言われることがあります。
しかし死亡届を役所に提出することで銀行口座が止められることはありません。
役所と金融機関が個人情報のやり取りをすることはありませんのでご安心ください。
とはいえ口座を止められる前に全部下ろしちゃえというのは相続の関係上お勧めできるものではありませんので、必要最低限以外は下ろさないほうがよいでしょう。

詳しいお話はお電話もしくはメールにてお問合せください。

伊勢崎市・太田市で火葬のみを執り行う

赤石三光堂では「火葬のみを行う」プランがございます。
もちろん他社でも一番シンプルなプランとして火葬のみが設定されています。

お金をかけられない場合はもちろん、「宗教的な儀式は一切行いたくない」ということも多く、こちらで火葬のみを済ませて実家のある自治体であらためて葬儀を行う場合など、様々な事情により「火葬のみ」といっても単純なものではありません。

料金面で見ますと全国的には10万円~20万円くらでしょうか。
ちなみに赤石三光堂は13万円です。他社との差別化としては遺影写真とお化粧がプランに含まれている点でしょう。
業者によって「全て付属している料金設定」の場合と、「思った以上に追加が発生する料金設定」がありますのでお気を付けください。
不安なことがあったら「赤石三光堂」に相談と覚えておいてください。

平成30年 元旦

昨日の予告通り元旦から仕事をしております。

テレビでは恒例のニューイヤー駅伝を放送しています。まだまだ伊勢崎市には遠いですが道路では既に警察官やボランティアの方々が規制の準備をしています。

毎年この光景を見ると新しい一年が始まったんだなと感じますね。

さて、道路の規制が入らないうちに行動を開始しましょう。

葬儀屋さんの大晦日

本日は大晦日です。
新年を迎える準備はお済でしょうか?

赤石三光堂では明日も数名はお仕事です。私も毎年のことながら元旦から出勤です。
ニューイヤー駅伝の通過時間を見ながら仕事をしようと思います。

今年一年ありがとうございました。

お仏壇展示会開催中 赤石三光堂展示場・太田西さくら会館展示場

今年最後のお仏壇大売出し!
今日も今のところ何組かご来店いただきありがとうございます。
やはりお届けは今年中が多いですね。
新年を新しいお仏壇で迎えるのは大変よいことだと思いますので、こちらも頑張ってお届けさせていただきます。

明日以降のご購入はお届けが来年になる可能性が高いですのでお気お付けください。

残り数日ですがよろしくお願いします。

クリスマスはイベント

日本人はほとんど仏教徒ではありますが、バレンタインやハロウィン、クリスマス等外国から入ってきたイベント事が大好きですね

最近では国を挙げてのイベントのごとく何日も前からテレビで取り上げられて、否が応でも巻き込まれてしまいます。

またそれはそれでたのしいしワクワクするのですが

お坊さんも意外にどっぷり浸かっていて、ハロウィンの仮装をするお坊さんもいればサンタクロースになるお坊さんもいますね。

考え方ひとつですが、季節ごとのイベントとしてみんな楽しく過ごせればそれが一番いいのかもしれません。

みなさん数珠をお持ちですか

juzu.jpg皆さんが数珠を買うとしたらどこで買いますか?
なかなかピンと来ないかも知れませんね。
実は葬儀屋さんにたくさん置いてあります。
赤石三光堂にも若い方からご年配の方まで数珠を買いに来る方は多いです。
数珠って雑貨屋さんや百均等どこでも売っている感じがしますが、本格的な数珠は案外売っていないものなんです。
みなさん手に取ってみて、やっぱり雑貨屋さんとは違いますとか、心が引き締まりますねとか様々です。
近年の数珠はファッション化しているところがありますが、ぜひ一つ本格的な数珠をお買い求めになってはいかがでしょうか。

深谷市の華蔵寺様を訪ねて

本日、埼玉県深谷市にあります華蔵寺さまへおじゃましました。
華蔵寺様では今年10月に『華蔵寺美術館』を開館したばかりですので、私としても気になっていたところです。

午後3頃訪ねてみたところ、美術館はシャッターが閉まっていてどなたも居ない様子。
今日は見学できないと思いつつお寺を訪ねてみると、なんとご住職が出てきてくれました。
そしてご住職から「美術館を見ていくかい」と声をかけてくれたのです。

わざわざ私どもの為にシャッターを開け電気をつけ、案内と解説も全てご住職がしてくれました。
めちゃめちゃ有難かったです。
お檀家さんに限らず、皆さんもお近くにお越しの際は是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。


華蔵寺様と『華蔵寺美術館』のご案内。

お仏壇の進化が止まりません

近年、葬儀の形態が様変わりしているのと同時に、お仏壇の形も時代とともに変化してきています。
上置き型を例にしてみますと
昭和の時代を代表する仏壇として関東型仏壇があります。関東型といっても関東全域で普及していたかはわからないのですが...
kantousiki.jpg

そして時代は流れて一気に普及したのが唐木仏壇。
butsudanfurui.jpg

最近多くなってきているのが家具調のお仏壇ですね。
miraibutsudan.jpg

しかし、もっと先を行くお仏壇が最近出てきました。それがこちらです。
この仏壇は壁掛け式で奥行きが薄いので場所もとりません。取り付けはホチキスを利用するだけですのでどなたでもできます。
syoumen.jpgnaname.jpgtojime.jpg

どなたでもホチキスで簡単に取り付け出来ます。
kabebijin.jpgkabebijinmoyou.jpg

いったいどこまで進化するのでしょうか。

12月9日より歳末お仏壇セールを開催致します

今年中にお仏壇を買おうとお考えの方!もうちょっとだけ待っててください。

赤石三光堂では12月9日より今年最終のお仏壇セールを開催致します。
場所は赤石三光堂本社ショールームと太田西さくら会館ショールールです。
前回のセールで在庫品はほとんど売れてしまいましたので、今回は新しいお仏壇ばっかりです。
ミニサイズから中型のお仏壇をメインに和室にも洋室にもピッタリの一台が見つかります。
お届けは今年中でも来年でご自由にもお選びください。もちろん古いお仏壇も回収致します。
是非この機会にお求めくださいませ。
2017.12.09butsudan.jpg

本庄市に古いお仏壇の回収に伺いました

本日午前中に本庄市まで古いお仏壇の回収に行ってきました。
ホームページをご覧になっての依頼でした。
最近本庄市地域ではではお葬式でお世話になることが多くなってきたのですが、ホームページをご覧になった方からお仏壇の回収までご依頼いただけるようになりました。
少しずつですがつながりが出来てきているようです。
ありがとうございます。
今後も皆様に選んでいただけるよう取り組んでまいります。

明日は伊勢崎市 東地区葬儀セミナー

いよいよ明日は伊勢崎市東地区で初めての葬儀セミナーです。
要望はいただいていたのになかなか実施出来ずにここまできてしまいました。

事前相談から葬儀、そして今回から新しく取り入れた「その後」についてもお話させていただきます。

相続のことや永代供養の話まで、知りたいことを盛りだくさんで実施します。
ギリギリですが参加してみたいという方は是非ご連絡おまちしています。

JAにったみどり 秋のふれあい祭り

11月11日12日
毎度おなじみのJAにったみどり主催のふれあい祭りが開催されます。
赤石三光堂もお仏壇ブースにて皆様をお迎えいたします。
今回も特別格安でご提供させていただきますのでこの機会をお見逃しなく!
もしその場でお気に入りのお仏壇が見つからなければ、太田西さくら会館にも多数展示してありますので安心してください。もちろん展示会価格にてご提供させていただきます。

それでは11日12日、ふれあい祭りでお待ちしております。

jatenjikai.jpg

伊勢崎市・太田市で短時間アルバイト大募集!日払い

葬儀受付スタッフ募集! 

ご近所の方に依頼していた葬儀の受付業務を葬儀社に委託するケースが増えています。
ただいま受付専属スタッフ10名が在籍。空いている時間を有効に使えるので主婦の方に人気の職種です。
もちろん扶養内OKです。
初めてでも先輩が丁寧に教えます。チーム制ですので1人で行動することはありません。
希望者は常勤への移行あり(社会保険入れます)

葬儀の日程が決まり次第勤務可能かどうかのご連絡をSNS(LINE)でします。(前日か前々日)都合が合えば即決定。
・給与 :日払い(1回3,000円)皆さんの予定に合わせて1か月3回くらいから
・時間 :8:30~19:30(実働3時間以内)
・年齢 :元気であれば問いません
・勤務地:伊勢崎市・太田市のさくら会館及び公営斎場 他(現地集合・解散)
・服装 :黒スーツ又は礼服(各自で用意)

葬儀担当ディレクターも随時募集しています。
垣根の手入れ、除草作業等、各ホール外回りの維持管理を専属で行ってくれる方も大募集!

応募の方は電話後履歴書を持参して下さい。
0120-840-008 採用担当 棚澤(タナザワ)

遺影写真

葬儀といえば必ず遺影写真があります。
始まりはいつ?と聞かれるとちょっと困るのですが、

聞いた話では

昔は戦争時に出兵する前に軍服で撮影した記念写真や肖像画を残していました。戦争で亡くなってしまった方の写真はそのまま遺影写真となり、栄誉を称え部屋に飾られるようになった。
そして時代とともに一般家庭にも普及していった。

一般家庭に普及という時点で葬儀屋さんが絡んでいそうですね。

さて現代はというと

時代は変わってもやっぱり遺影写真は作っています。
しかし・・・あくまでも葬儀用ということで部屋には飾らないというご家庭が増えてきています。
赤石三光堂の写真供養祭でも毎年遺影写真の持ち込みが増えてきています。

これも時代の流れなのでしょう。

模擬葬儀無事に終わりました

昨日10月8日、模擬葬儀が無事に終了しました。たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。
事前のアンケートでは、ほとんどの方が『費用』『費用のしくみ』について詳しく聞いてみたいということでしたので、そこに重点を置かせていただきました。

そこで模擬葬儀終了後のアンケートの結果を少し紹介させていただきます。

〇一般葬と家族葬の考え方が変わりました。
〇実質では家族葬のほうが費用がかかる(持ち出しが多い)とは知りませんでした。勉強になりました。
〇安いを売り文句にしているところは追加が多いということを知りました。合計を見て決めたいと思います。
〇お葬式の費用のしくみがよくわかりました。参考にさせていただきます。
〇相続についてもっと詳しく話が聞きたいです。
〇自分の聞きたかったことの説明が非常に多く、とても為になった。
〇今まで参加した説明会の中で一番参考になりました。

今回の模擬葬儀を通じて皆さんの不安や不思議が少しでも解消できていれば幸いです。
ご参加ありがとうございました。

次回は旧東村地域の皆様にご参加いただけるよう「いせさき東さくら会館」で行う予定です。既に多くの方からお申し込みをいただいておりますが、まだ間に合いますので是非ご参加ください。予約のお電話お待ちしております。

明日は模擬葬儀・・・お葬式はいくらかかる?家族葬って何?

明日はいよいよ境地区模擬葬儀です。伊勢崎地区の方も太田地区の方もたくさんご予約をいただいています。
残念ながら運動会(土曜日)が雨のため延期されたので日曜日の模擬葬儀に参加できなくなってしまいました。という方もいらっしゃいます。これはしかたがありませんよね。
今回参加できなくなってしまった方で、もし何かしら聞きたいこと、ホールの見学がしてみたいという方は遠慮なく連絡してください。ご来館時に出来る限りわかりやすくご説明させていただきます。

また、赤石三光堂の模擬葬儀ではイベントとしての模擬葬儀の他にも個別説明や、訪問説明も随時受け付けています。もちろん料金はかかりません。
皆さんが日ごろから心に持っている「不安」を「安心」に変えるお手伝いをさせていただきますのでご連絡お待ちしています。

コープ(生協)葬儀終活セミナー 第2弾

本日、コープ(生協)の葬儀終活セミナーを境さくらファミリーホールにて開催しました。
参加者は地元伊勢崎市から2名と少なめでしたが、その分聞きたいことは遠慮なく聞いていただけたと思うし、こちらも伝えたいことは伝えられました。
正直、少人数の良いところが出たと思います。

最近のセミナー参加者の考えとして、『自分が亡くなっても子供たちに迷惑をかけたくない』というのがかなり重要な部分を占めているように感じます。
コープ(生協)と赤石三光堂の葬儀終活セミナーでは、事前相談から葬儀・葬儀後まで皆様のご希望に沿ってわかりやすく進めていきますので、このような機会があるたびに何度でも足を運んでいただければと思います。

コプセ(生協)終活セミナー開催

先日、太田西さくら会館におきまして「太田地区コプセ終活セミナー」を開催しました。
参加者は少なめでしたが、私なりにしっかりとした説明ができホッとしています。

コープ組合員様のお宅には定期的に「終活セミナー」の案内が届いているかと思います。
一般的に葬儀のセミナーと聞くと敷居が高いと捉えがちですが、参加をいただいた方からは「勉強になった」の他に「楽しかった」というお言葉をいただいています。
今後もセミナーを続けていきますので皆様のご参加をお待ちしております。

彼岸花の季節

9月26日、秋といえば彼岸花、お彼岸といえば彼岸花。
ここから先は毎年少しずつ寒くなっていくのを感じますね。

本日は小さい彼岸花を求めてぶらっとお寺さんにお邪魔してみました。
新田上田中町にあります長慶寺さんです。
tyoukeiji hondou.jpg

群生というわけではなく、さりげなく咲いている彼岸花を見つけました。
tyoukeiji hondouwaki.JPG

tyoukeiji higanbana.JPG

tyoukeiji higanbana2.JPG

最後に長慶寺様の由来をどうぞ
tyoukeiji yurai.jpg

皆様も近くをお通りの際は是非一度お立ち寄りください。

今日は秋分の日

お彼岸と言えばお墓参りですが、皆さんはもう行かれたでしょうか。

秋分の日は太陽が真東から昇って真西に沈みます。
この日はあの世とこの世が一直線になり、一番あの世とつながりやすい日と考えられています。
だから日本人は昔からお彼岸にお墓参りに行くんですね。

ご先祖様を大切にする心、日本人て凄いです。

お墓に樒(しきみ)

突然ですが樒(しきみ)って知ってますか?
日常生活の中でほとんど見かけることはないと思いますが、こんな感じです。

sikimi.jpg
憶えがありますか?
普段から興味を持って見ていないと全く気が付かないですよね。
私自身も全く気づかず生活しています。...
しかし、土葬時代のお墓の近くには必ずと言っていいほど樒(しきみ)が植えてあったと聞きます。
それは何故か?
実はこの樒(しきみ)生き物に有害な毒を持っているんです。摂取量によっては人も死に至るとも言われています。
お墓の近くに毒のある樒(しきみ)を植えることで、お墓を荒らす(掘り起こしてしまう)動物を近寄らせないようにしていたんですね。
また樒(しきみ)は水を浄化する作用も持ち合わせているので、お墓が臭うなどということも抑制してくれているみたいです。

樒(しきみ)って凄い!
そして昔の人って凄い!ですね。

回転灯籠の処分方法

お葬式で使用した「回転灯籠」はどうしたらいいですか?

これですね

seihuu.jpg

この灯籠は通常お葬式を請け負った業者が無料で片づけます。葬儀後何年先でも他業者の灯籠でも請負業者が片づけるのが一般的です。
伊勢崎市や太田市では新盆でも「回転灯籠」を飾ることが多いので、8月16日以降に一斉に片づけることになっています。
なかにはご希望により自宅で保存する場合もあります。
もしご自宅に何年も保存してあって、請負業者もわからず処分方法がわからないでお困りでしたら赤石三光堂にご一報ください。

葬儀のお返しものは「返礼品」

何のことかと思うでしょうが、実はお返しものは場面に応じて呼び名が変わります。
お祝い事のお返しもの → 「引き出物」
お悔やみ事のお返しもの → 「返礼品」

ということでお葬式のお返しものは「返礼品」が正解になります。

しかししかし群馬県はどうかというと、お葬式の時のお返しもの全般を「引き出物」もしくは「引き物」と呼ぶことが圧倒的に多いみたいです。
葬儀屋さん自身もけっこう「引き出物」と呼んでいますね。

群馬県人は場面に関係なくお返しものは全て「引き出物」でまとめてしまったと言えますね。

お仏壇在庫一掃セール終了しました。それでもまだ安い赤石三光堂のお仏壇

2か月にわたって開催してきましたお仏壇在庫一掃セール。
無事に終了致しました。
しかも本当に在庫がほとんど無くなってしまいました。ショールームがスッカスカなんです。
売る物が無いなんて初めての経験です。
伊勢崎市や太田市のお客様はもちろん。前橋市、玉村町、本庄市、深谷市、上里町、と新聞チラシを入れていない地域からのお客様もお越しいただきました。
新聞チラシをご覧になり、他の地域のご親戚やお友達にご紹介してくださった皆さま、本当にありがとうございました。
これ以降も出来る限り超低価格にて展示しておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

お盆が終わりません

スタッフのみんなは今日もお盆用品の回収に回っています。
まだ回収が済んでいないご家庭には大変ご迷惑をおかけしています。

お盆用品の回収にまわっている中で、盆棚を購入して毎年準備するのは大変だからリースがあってよかったというご意見を多数いただきました。
特に埼玉県在住の方からは多数のご意見をいただきました。埼玉県には盆棚のリースが無いということで、利根川を越えて当社に多数ご依頼をいただき感謝いたします。

またお話の中で葬儀料金の話になり、料金面での違いから埼玉県在住の方が群馬県で家族葬を行うことが増えていることにも触れました。

一概には言えませんが埼玉県と群馬県では葬儀費用の相場が違うということでしょうか。

本日は迎え盆です

これからお迎えに行くという方が今もたくさん来店してくれています。
時期的なものですので種類によっては欠品になってしまい、皆様には大変ご迷惑をおかけしています。
赤石三光堂では、チラシ掲載の品を価格に関係なくお電話一本でご自宅まで無料でお届けしています。ご用の際は是非ご活用ください。

お墓のお掃除代行無事に終了しました。

本日、お墓のお掃除代行が全て終了しました。
暑いし痒いし何回やっても慣れるものではないですね。

しかししかし

自分で言うのもなんですが、やったかいがあってとっても奇麗になりました。
ご先祖様を迎えるお手伝いができてこちらも大満足。

明日は迎え盆
天気も良さそうでよかったです。

よいお盆をお迎えください。

お墓のお掃除

今年も「お墓のお掃除代行」ご依頼をいただきました。今年初めてご利用する方も、毎年ご利用する方も必ず満足していただけるよう心を込めてお掃除させていただきます。

今日は台風が近くを通りますが、かえって涼しくてお盆前のお掃除日和なので、思い切ってお掃除してきます。

※今年のお盆前掃除の受注は終了しました。次回は秋の彼岸前になります。

埼玉県在住の方

7月も終わりに近づいてきました。
赤石三光堂でも毎年恒例のお盆用品の配達が始まり、ブログの更新が頻繁に出来なくなってきました。

さて、ここにきて埼玉県在住の方のお盆用品購入が増えてきました。
リース盆棚の注文やギフトの注文もいただいています。
毎年盆用品は多めに用意をしていますが、この時期から少しずつ欠品がでてきますので早めのご注文をお願いします。
また、お盆に関する質問等ございましたら遠慮なくご連絡ください。

皆様のご来店お待ちしております。

意外と知らない死亡届の提出先

みなさん、死亡届の提出先が決まっていることを知っていますか。

①死亡者の本籍地
②死亡者が死亡したところ(病院の所在地等)
③喪主の現住所

この3か所が死亡届の提出先に法律で決まっているんです。

下の表を見てもらうとわかりやすいのですが、この場合伊勢崎市に死亡届を提出することはできません。
死亡者が伊勢崎市に住民登録をしていても伊勢崎市には提出できないんです。
提出できるところは、死亡者の本籍地の『前橋市』死亡したところの『太田市』喪主の現住所の『高崎市』になります。
shiboutodokesaki.jpg
不思議ですよね。
今時は本籍を知らない方もたくさんいるので死亡者の現住所を届け先にできれば一番いいと思うのですが...

同聚院様訪問

同聚院様へ行ってきました。
素晴らしい門が完成していました。
最近では珍しい仁王様が配置されています。
一見の価値ありですよ。
doujuin.JPG

doujuiniriguchi.JPG

さて、今までの門はどこへ?と思ったら、すぐ北隣に移動していました。
doujuin bukemon.jpg

旧門は伊勢崎市指定重要文化財ですので、解体されることなくこれからも同聚院を見守ってくれることでしょう。
doujuin kanban.JPG

7月お盆

早い家ではそろそろお盆ですね。

お盆には7月に行う場合と8月に行う場合があります。
群馬県では多くの場合は8月お盆になりますが、少なからず7月お盆の家もあります。
新盆にご自宅へ訪ねる予定のある方は、あらかじめ7月お盆か8月お盆かを確認しておきましょう。
8月に訪問してみたら7月に終わってたなんてことも実際ある話です。

お盆展示会は大盛況でした

7月1日2日でおこなわれました伊勢崎境地区と太田新田地区のお盆展示会が大盛況でした。
狭い店内にもかかわらず60組を超えるご来店は赤石三光堂始まって以来最高の人出です。
引き続き店内にはお盆用品が展示してありますので、今回お越しいただけなかった方もご都合の良い時にお越しいただければと思います。

リース盆棚について
予定数で受付を終了させていただきますのでご了承ください。

お盆用ギフトについて
返品できる商品は数に限りがございますので早めのご注文をお願いします。
売り切れの際はご了承ください。


埼玉県からも多数ご来店いただきありがとうございました。
お盆用品だけでなく位牌やお仏壇等もご購入いただき、群馬県の物価は圧倒的に安いと言っていただきました。
ご近所の方にも紹介していただけるそうです。
感謝です。
次回のお葬式を依頼したいとのお話もいただきましたが、当社は埼玉県側にホールを持ち合わせておりませんので、群馬県までお越しいただけるようでしたら群馬県価格のご葬儀をご提供することができますとのお話をさせていただきました。

仏壇に納骨

赤石三光堂のショールームには、お仏壇を購入される方がたくさんいらっしゃいます。
その中でお仏壇を購入する理由として、位牌を納めるのはもちろんなんですが、同時に「遺骨を納めるため」という方がいます。
実は近年、葬儀後に墓地を購入せずに、遺骨をご自宅に安置しておくケースが増えてきているんです。
理由は様々で、予算の関係で諦める方もいればご寺院との今後のお付き合いを考えてという場合もあります。
そんな中一番需要がある仏壇がこちらの「ミニ仏壇」です。

yasuragi.jpgbutsudan.jpgnoukotsudou.jpg


見ていただけるとわかるようにご遺骨がほぼピッタリ納まります。こちらのお仏壇にご遺骨を納めて上にお線香をあげる準備をすれば立派な簡易仏壇の完成になります。

仏壇や墓地の購入をお考えで、お困りのことがございましたらお気軽に赤石三光堂へご相談ください。

老人会主催の終活セミナー&葬儀セミナー

普段伊勢崎市と太田市で行っております終活セミナー&葬儀セミナーですが、赤石三光堂からの募集以外に皆さんからお誘いを受けて開催することがあります。
一番多いのが老人会様からの依頼です。
老人会さんのセミナーでは一応テーマは決まっているのですが、こちらから積極的に講義をする、勉強会をするというよりは、ほとんどの時間が質問コーナーになります。
個人個人で何が知りたいかをダイレクトに聞いてくれるので、こちらとしても非常にやりやすいです。
また、昔のお葬式のこともたくさん教えてくれるので参考になることが多いです。

時間が終わってからも質問は続くし、ジュースは出るしお菓子は出るし、自家製お新香は出るし焼きまんじゅうも出ることがあります。
なんだかんだで私が一番充実した時間を過ごしているのかも知れませんね。

時間の表記で指摘された件

先日時間の表記の中でお昼の12時は午前12時が正しいといいましたが、1分後は午前12時01分なのかという疑問をいただきました。

はいはい教えましょう

正解は午後0時01分です。
午前12時を1秒でも過ぎれば午後になりますので午後0時01分となります。

ではなぜ午前12時の決まりがあって午後0時の決まりが無いのに突然午後0時が出てくるのかというと、夜中の12時が午後12時なので逆算すると午後0時になるんです。

わかっていただけたでしょうか。

なぜ葬儀屋さんのブログに時間のことが書かれるんだ?って思うかも知れませんが、私たち葬儀屋さんは故人様の亡くなった時間に始まり、葬儀の時間、告別式の時間まで正確にわかりやすく伝えなければなりません。もし親戚様への時間のお知らせや新聞掲載の時間を間違えてしまうと取り返しのつかないことになってしまうのです。なので時間には少々敏感なんです。

時間の表記が難しすぎる

みなさん夜中の12時の表記の仕方知ってますか?
実はこれ法律で決まってるんです。
しかも2つあるんです。
午後12時と午前0時
ようするに午後の終わりは午後12時で午前の始まりが午前0時
まったく意味がわかりませんよね。
考えると頭が痛くなってきます。

ということで世間では「午前0時」が一般的みたいです。
それは何故か?それは117の時報で「午前0時丁度をお知らせします」と案内されているからです。
あの時報が言ってるなら間違えないと思ってしまいますね。

しかし実はもっと頭の痛い問題があります。
それはお昼の表記です。
法律上の表記は一つ
午前12時です。
どういうことでしょう!午後0時が無いんです。
ますます頭が痛くなってきます。

ということで世間では「正午」が無難みたいです。
それは何故か?それは信頼度抜群の117の時報で「正午をお知らせします」と案内されているからです。

なるほどすんなり受け入れられます。

大勢のご来店ありがとうございました。

無事に伊勢崎地区でのお盆仏壇展示会を終えることができました。
予想を上回る大勢の方のご来店ありがとうございました。

ご遺族、特に若い方はお盆といっても経験したことが無く、何をしていいのかまったくわからないので不安でいっぱいですよね。
盆迎えは何をすればいいのか、お盆の飾り方は?、親戚やご近所が訪ねてきた時に何をすればいいのか・・・

お盆までの期間はまだありますので、不安なままその日を迎えることが無いよう出来る限りお伝えしていこうと思います。
また聞きたいことがありましたら気兼ねなくお問合せください。

お盆伊勢崎地区展示会

本日、伊勢崎地区南部にお盆展示会とお仏壇在庫一掃セールのチラシが折り込まれました。
10日と11日の2日間赤石三光堂本社展示場で開催予定です。
地域ごとに日程を変えての開催となっておりますのでご注意ください。

ご来店時、お盆に関するわからないことや不安なことがありましたらどんどん聞いてください。その場で何でもお答えします。
お仏壇の在庫も少なくなってきていますので、ご来店時にご希望のお仏壇が売り切れの際はご容赦ください。
皆様のお越しをお待ちしております。

お仏壇在庫一掃セールは8月31日まで

昨日まで行われていましたお盆の展示会において、お仏壇のセールも今日までですかとの問い合わせが多数ありました。
お仏壇のセールは8月31日まで行っていますので、都合の良い時にお越しください。
ただし今回は在庫一掃セールですので、チラシに掲載以外のお仏壇も含めて全て格安でご提供しています。ご希望のお仏壇が早めに売れてしまう可能性がありますのであらかじめご了承ください。


obon nitta ura.jpg

火葬場の行きと帰りの道を変える??

元々は火葬時の行き帰りの道を変えるのではなく、棺を墓地に埋葬する際の行きと帰りの道を変えて霊を迷わせるという意味です。
いつの間にか意味が違ってきてしまったんですね。不思議です。

これは正直なところ『俗信』といいまして、現代でいう『都市伝説』に近いところがあります。俗信とは「根拠は無いけど昔からそう言われている」というようなことをいいます。

このような俗信が生まれた背景には『霊がついてこないように』『霊を迷わせるため』というよりは、自分自身の悲しいという気持ちに整理をつける、また遺族に気持ちの整理をつけさせるという逆の意味があるのではないかと思います。

そう考えると何となく怖い意味の『俗信』が納得の『俗信』になりますね。

ちなみに
俗信の例

●ごはんにお箸を立ててはいけない
●畳のへりを踏んではいけない
●夜に爪を切ると親の死に目に会えない
●くしゃみをした時は他人が噂をしている
●食べてすぐ横になると牛になる
●蛇の抜け殻を箪笥にしまっておくとお金が増える
●蛙がなくと雨になる
●夕焼けになると明日は晴れる
●冬至にカボチャを食べると健康でいられる
●ご飯に醤油をかけて食べるとお腹に虫がわく
●スイカと天麩羅は食べ合わせがよくない
●ウナギと梅干は食べ合わせがよくない
●火遊びをすると寝小便をする
●茶柱が立つと縁起が良い

調べてみるといっぱいあるもんですね。
確かに聞き覚えのある言葉ばかりですが、根拠は?と問われると困ります。

お盆展示会の飾りつけ

obontenjikaisakai.jpg本日、本社のお盆の展示会用飾りつけをしました。
6月に入ると展示会がありますので早めの飾りつけです。

今年も盆棚はリースのご注文が圧倒的に多いと思われます。展示会前ではありますが既に150台以上のご予約をいただいています。

今後、各地区ごとに日程をずらしながら新聞折り込みチラシが入ります。ご確認のうえご来店、ご来館いただければと思います。
当日都合の悪い方は展示会日でなくてもご注文を受けられますので遠慮なくお越しください。

今日は亀の日

亀について知り、亀に敬意を払い、亀の生存と繁栄のための人間の手助けをする日。
だそうです。

日本では亀や鶴は長生きの象徴なので、「亀の日」はもっと普及してもよいのではないでしょうか。

ちなみに①我が家には5円玉を繋げて作った鶴と亀が入った額があります。

理由は不明

みなさんのお宅にもあるのでは?

ちなみに②

水中で生活をする亀を『タートル』陸で生活する亀を『トータス』というそうです。
みなさんよくご存じのミドリガメはどっち?水中も陸も両方大丈夫な感じですよね。
正解は『タートル』です。
『トータス』は泳げない亀のことだそうです。だからそれ以外は『タートル』ということになります。

恥ずかしながら私も知りませんでした。勉強になりました。

家族葬とは

正直、家族葬とは何?家族葬の定義とは?と聞かれるとハッキリと答えられません。

お見送りが

親戚の方1名
ご家族のみ
ご家族と親戚
ご家族と親戚とご近所
ご家族と親戚とご近所と親しい友人
ご家族と親戚とご近所と親しい友人と職場代表...

全て家族葬です。
ある程度あげてみましたが、家族葬にはまだまだ種類があるでしょう。

他の地域ではわからないのですが、伊勢崎市や太田市では「葬儀」と「告別式」が分かれていることが多いです。

したがって...

家族葬とは「誰が送るか」「何人で送るか」ではなく、葬儀のみを行う場合を家族葬。告別式を行う場合は一般葬という区別が一番わかりやすいかと思いますね。

火葬中の風習

太田市斎場では火葬中に故人が熱くないように、喉が渇かないようにと炉前にお水をあげる風習があります。
どういうことかというと火葬炉の両側に水道が設置してあり、炉前には空のコップが何個か用意してあります。
火葬に入ったと同時にご親族が炉前のコップを手に取り両脇の水道から水を汲み炉前に置く。次の人が水の入ったコップを手に取り両脇の水道へ行き水を流す。そのまま新しい水を汲み炉前に置く。多い時は30人以上で火葬が終了するまでこの繰り返しです。
ただ最近では一回りしたら待合室でお待ちいただくことが多くなっています。
以前は群馬県全域で行われていたらしいのですが、今ではこの地域で一番古い?であろう太田市斎場のみに残っている風習になります。
太田市民が他の自治体で火葬をすることがあるのですが、「ここは水道無いの?」「水をあげられないの?」とよく聞かれます。
他の自治体では水をあげることを廃止する代わりに敷地内に池を設けたり循環型の川を流していたり、噴水を設置したりして代用していることが多いですのでその説明をさせていただいています。
いずれ斎場が新しくなるとこの風習も無くなってしまう可能性が高いので寂しい気もしますね。
ootashisaijoukasouro1.jpgootashisaijoukasouro2.jpg
ootashisaijou.jpg

永代供養について

永代供養を希望する方がが多くなってきました。
各お寺さんでもぞくぞく永代供養墓を建てていますね。

私が事前相談をする中でも永代供養までを含めた相談が増えています。

私が思う永代供養墓のご利用方法といえば
「この先お墓を管理する人がいなくなってしまうので永代供養墓に移す」です。
例えば子供さんが親元を離れ地方に家を建てた場合などはこのケースにあたります。

しかし最近永代供養のことで相談を受ける内容に
「残される子供たちに面倒をかけたくないから私は永代供養墓に入りたい」が増えてきているのです。

これも時代なのでしょうか。

葬儀に関することだけでなく、永代供養に関するご質問ご相談がございましたらいつでも赤石三光堂までお問合せください。
また、皆様のご希望に沿う永代供養墓のご紹介もいたしますので気兼ねなくご相談ください。

神葬祭は不安です

神葬祭とは神式で行う葬儀のことです。

群馬県では地域差はありますが、全体的には仏教式の葬儀が圧倒的に多いので神葬祭に不慣れな方が多いです。
なので葬儀前や告別式前になるとご親族様や会葬者の中から
「お焼香じゃないの?」「やり方わかんない」「どうしよ~」という声があがります。
そこで開式の前に必ず行うのが『玉串法典』の実演です。
玉串を受け取るところから法典、2礼2拍手1礼までをご親族様向けに1回、そして会葬者向けに1回実演します。

実演をすると皆さん安心して式を迎えることができるようですね。

遺影写真を準備する?

葬儀の際必ず準備するものに遺影写真があります。
生前元気だった頃のスナップ写真を利用することもあれば、結婚式に招かれた時の集合写真を利用することもあります。また写真が苦手な方であまり写真が残っていない場合は結構若い時の写真を利用することもあります。最近は介護施設等で誕生日やイベントの時に撮ってもらった写真を利用することが多くなってきています。遺影写真を撮る目的ではなく本当に楽しんでいる一瞬の姿を写しているいるのでとても自然です。

基本的にどなたも葬儀のためにあらかじめ準備しておくことは殆どないようですね。

しかし最近では遺影写真の撮影会なるものが出現し、けっこう盛っているらしい情報も聞こえてきます。
確かに以前何度か同様のことをやっているか聞かれたことがあります。
今後需要が増えるようであれば赤石三光堂としても取り組むことになると思いますが、もう少し時間がかかりそうです。
その時が来たら皆さんにはまたここでお知らせしたいと思います。

自宅葬からホール葬へ 伊勢崎市と太田市の葬儀場事情

20数年前の葬儀場所のことを思い出してみると、1番多かったのが自宅葬、次いで寺院葬でした。公営の斎場で行うのは3番目で少なかったですね。
作業着を着て軍手をはめて運動靴を履いて毎日のように花輪を立てて終わったら回収する。大きな祭壇を設置して終わったらまた解体する。葬儀屋さんも体力勝負だった頃が懐かしく感じます。
その頃は私自身まだ20代だったので身体も動きました。(今は身体中ギシギシしてます)

ここ数年ではどうかというと、1番多いのが圧倒的に民間ホール。次いで公営斎場。自宅葬はというと1%未満でほぼ0件です。
20年くらいでガラッと変わりましたね。作業着からスーツになりました。軍手から白い手袋になりました。運動靴から革靴になりました。私自身こんなに劇的に変わってしまうなんて考えてもいませんでした。

変化についていくのはなかなか大変ですが、これから先も皆様のご要望にお応えできる選ばれる葬儀屋さんを目指して取り組んでいきます。

HP限定の弓張提灯が通常販売できることになりました

4月21日にお知らせしました弓張提灯『HP限定格安販売』が通常販売できることになりましたので改めてお知らせです。
お盆用品案内の新聞折り込みチラシにも掲載いたしますので参考にしてください。

既に桐箱仕様の弓張提灯をご予約いただいている方で、専用紙箱に変更をご希望なさる方がおられましたら早めにお知らせくださいませ。

またお得情報がございましたら順次ご連絡させていただきます。

記帳所の役割

お葬式に会葬者として行く場合、香典受付の手前に必ず記帳所があります。
皆さんが会葬する場合は必ず書いていますか?

ここ伊勢崎市や太田市では20年くらい前まで、香典受付前に記帳をすることはほとんどありませんでした。
それでいてお香典には名前だけしか記入がない場合が多くありました。
これも地域慣習なので仕方のないことなのですが...
ご遺族としては自分の関係のお香典なら名前だけでもわかりますが、亡くなった方の個人的なお付き合いの場合は、結果的にどなたから頂いたお香典なのかわからないという現象が多数発生していました。
喪主やご遺族にとってお香典を頂いているにも関わらず以降の一切のお礼ができない状況になっていたのです。
近年、ほとんどのご会葬の方には記帳をいただいておりますが、若干不明瞭なところが見受けられご遺族様としてはまだまだ苦労が多いようです。

ご会葬の機会がある時にはできる限り丁寧なご記帳をお願いいたします。

霊柩車(れいきゅうしゃ)と寝台車(しんだいしゃ)

皆さん霊柩車と寝台車の違いがわかりますか?

簡単に違いを説明するなら
●霊柩車とは火葬場へ向かう時に利用する車両
●寝台車とは病院へのお迎え時に利用する車両
となります。
がしかし、本来すべてが霊柩車としての仕事なのです。
わかりやすく言うと霊柩車業務の中に寝台車部門があります。
同じ車両でも火葬場へは霊柩車として向かい、病院へは寝台車として向かうということなんです。

もちろん業者によっては霊柩車専用の車両と寝台車専用の車両を所有している場合もあります。

こんな簡単な説明でご理解いただけだでしょうか?
そもそもそんなに興味は無いと思いますがご参考までに。

通夜振る舞い?お通夜返し?

ここ群馬県では弔問客に対する「通夜振る舞い」という習慣がありません。弔問客はお焼香が終わるとそのまま帰る習慣だからです。
群馬県ではお焼香を済ませた方へお酒とおつまみが入った「お通夜返し」という弔問御礼の品をお返ししそのままお帰りいただいております。
群馬県はあっさりですね。

東京にお住いの方が弔問に見えられた時に何度か経験しているのですが、「通夜振る舞いの席はどちらですか?」と聞かれます。
その際には群馬県では通夜振る舞いの習慣がなく、お通夜返しの品が通夜振る舞いの代わりになることをお伝えしお帰りいただいております。

お焼香後の習慣でさえも住んでいる地域によって様々なんだなぁと感じますね。

※通夜振る舞いとは、お焼香を済ませた弔問客に対して飲食を提供する席を設け、故人を偲んでいただくことをいいます。

霊柩車って不吉?親の教え?

皆さんは霊柩車とすれ違う時親指を隠しますか?
小さい頃に誰か(たぶん両親)に言われて今でも憶えています。
群馬県だけの話なのかもしれませんが‥‥

小さい頃だったので確実に実行したかと言われると見逃した経験が何度もあります。
それでいて何か不幸があったかと言われると特にありません。
今となってはやっぱり迷信だったんだな~って思いますけど、小さい頃は親の死に目に会えないんじゃないかって真剣に落ち込んだ経験があります。
そもそもこの迷信がどこで生まれてどのように広まったのかはわかりませんが、
ちょっと自分なりに考えてみました。

親指を隠すということは残りの4本指で覆いますので当然何も出来なくなってしまいます。
通学途中の子も遊んでいる子供たちも、霊柩車に気が付いたら『その時だけは足を止め、遊びを止めてしっかりと死者をお見送りしなさい』『ちゃんとお見送りできない子は親の死に目に会えなくなるよ』という親の教えなのではないでしょうか。

あくまでも私の想像ですのでご勘弁を。

深谷市・本庄市の家族葬、葬儀も赤石三光堂がお手伝いします

埼玉県深谷市・本庄市にお住いの場合、葬儀をする為にわざわざ利根川を越えて群馬県まで来る方は少ないです。
実際考えたこともない方が圧倒的に多いことでしょう。
しかし、話だけでも聞いておこうということで事前相談に来られた方はみなさん驚いてお帰りになる場合が多いです。
いわゆる相場が違うみたいですね。
赤石三光堂では埼玉県の家族葬、葬儀も承っております。もちろんお手続きも代行いたします。是非お気軽にお問合せください。

群馬県 コープ・生協の安心、お葬式。

コープ・生協の安心、お葬式。

生協(コープ)といえば‥「安心」
葬儀(葬儀屋)といえば‥「不安」

生協(コープ)の葬儀といえば‥「安心」

何かと不安のお葬式も生協葬(コプセ葬)なら安心ですね。

赤石三光堂はこれからも生協(コープ)と一緒に安心のお葬式をお届けしていきます。

春なのに弓張提灯

yumihari.jpg4月になりました。
世間では桜の花見の時期です。
ちょうど満開の日が土日になってポカポカ陽気なら最高ですよね。

さて、まだ桜の時期にもかかわらず少しずつ注文が増えてくるのが「弓張提灯」です。
この提灯は夏真っ盛りのお盆の時にしか使わないのですが、例年この時期から徐々に注文が入ってきて7月中旬にピークを迎えます。
群馬県全域ではわかりませんが、伊勢崎市や太田市では盆迎えの時に「弓張提灯」を持参する傾向が強いようですね。8月13日の夕方には「弓張提灯」を持った方々を多数見かけます。それを見るとあ~お盆なんだな~って思います。
近代化した世の中ですが、お盆は今でも夏の風物詩を感じさせてくれる数少ない行事です。その中で「弓張提灯」は今後も重要な役割を果たしていくといえるでしょう。

ちなみに8月になってからご注文の場合は今年のお盆に間に合わない可能性がありますのでご注意ください。

葬儀費用の分割払い

creditcard.jpg葬儀費用のお支払いは「現金のみ」という葬儀屋さんが圧倒的に多いです。
現金でお支払いできないことがわかっている場合は、そもそも葬儀を受けないという葬儀屋さんも少なくありません。

つい先日、分割払いを申し出たら何社かの葬儀屋さんから断られてしまった、という方から葬儀の依頼を受けることになりました。
既にお身内がお亡くなりになっているのに病院からの搬送さえ断られたわけですからご家族もどうしてよいか困り果てていたことでしょう。
しかし搬送後によくよくお話を聞いてみると、現金の持ち合わせは無いけれども「クレジットカード」をお持ちとのこと。

赤石三光堂では「クレジットカード払い」を受け付けておりますので、結果的に現金の持ち合わせが無くても何とか無事に葬儀を済ませることができました。
クレジットカードですから金利は付きますが、分割払いも可能ですのでお支払いも容易になったのではないでしょうか。

「クレジットカード払い」の重要性をあらためて感じることができました。

ホームページから葬儀依頼

最近ホームページから葬儀の依頼を受けることが増えてきています。
大抵の場合、他社のホームページや葬儀プランと比べてからご依頼を頂くので大変嬉しく思っています。
理由はなんといっても赤石三光堂のプランの特徴『追加が少ない』ということでしょう。
料金プランは誰にでもわかりやすくなっていますし、事前にお見積書を提示しますので後の不安がありません。
喪主様からは「赤石三光堂さんの見積書の金額欄は空欄だらけですね」と言われますが、実際その通りでプランにあらかじめ含まれているものが多く、追加や別途料金が少ないのでどうしても空欄だらけになってしまうのです。
ということで
これからも皆様に選んでいただける街の葬儀屋さんを目指してコツコツやっていこうと思いますので宜しくお願いします。

伊勢崎市の葬儀費用セミナー・太田市の葬儀費用セミナー

赤石三光堂では伊勢崎市及び太田市で葬儀を行う場合の費用がわかるセミナーを随時開催しています。

こちらのセミナーは1日1組様(グループ可)限定、1回約1時間から2時間となります
ご訪問・ご来店、どちらでもかまいません
費用は一切かかりません
セミナー担当は棚澤です

◆例題として
 ●お葬式はどこまで安くなるのか
 ●新聞チラシの解説
 ●インターネットで依頼する伊勢崎市・太田市の葬儀費用の裏側
 ●「格安葬儀・低価格・追加無し」は意外に高い
 ●赤石三光堂の葬儀は安いのか高いのか
 ●伊勢崎市・太田市の互助会葬は高いの?安いの?
 ●葬儀費用はお香典で賄えるのか
 ●家族葬は安くて一般葬は高い?   等

◆特別解説
 ●すでに事前相談等で御見積書をお持ちの方はご持参くだされば解説いたします。
 ●葬儀は既に済ませているが明細をもとに費用の詳細が知りたい。

この他にも知りたいことや不思議に思うことなどがありましたら何でも聞いてください。


葬儀費用のことでみなさんが知りたいことは本当に多種多様です。まだまだ私でもわからないことが多く、解説しきれないところもあると思いますが、できる限り何でもお答えできるよう頑張ります。
1名でもグループでも、葬儀費用セミナーをご希望の方は 07064652947(棚澤直通)までご連絡ください。

お待ちしております。

家族葬の場合はお焼香に行っていいのか

goreizen.jpg知り合いの家がお葬式になり『家族葬で行います』と連絡が入りました。
みなさんはお焼香に行きますか?行きませんか?

これはすごく難しいですね。
実例からいうと、家族葬でも会葬者50人以上ということも経験していますので、実際には家族葬でも『行ってもよい』ということで間違えはないと思います。
そのために各さくら会館や公営斎場で家族葬を行う場合でも、会葬者が来られた場合に即対応できるように基本的に受付所は準備しています。
ただ、『ご会葬をご遠慮ください』との意思表示が明確にあった場合には行かないほうがよいでしょう。

全国的にはどのようなことになっているのかわかりませんが、ここ群馬県(伊勢崎市・太田市)の例として説明させていただきました。
家族葬については今後も時代とともに内容が少しずつ変化していくと思いますが、喪主様やご遺族様が納得して安心して任せていただけるよう心がけていきたいと思います。

お墓参りでお線香に火をつけるのが難しい

rakurakutyakka.jpgみなさんお墓参りでお線香に火を点ける時どうしてますか?
一人や二人ならいいですが法事で大人数でお線香をあげる時に火を点けるのが大変じゃないですか?
多くの場合はライターを持参してお線香に直接火を点けているのではないでしょうか。
なかなか点かないでイライラした経験はありませんか?
束にしたお線香にいったん火が点くと、今度は消えなくなってしまって困った経験はありませんか?
しかし最近ではイライラしない為に小型のバーナー持参の方もいれば、先に火薬が付いたお線香を持参している方もいます。
お墓参りも進化しているんですね。
赤石三光堂では先に火薬が付いたお線香『らくらく着火』線香を準備しお墓参りに行く皆様のお手伝いをしております。
簡単に火が点きますので凄く評判がいいです。
今後お墓参りに行く前には是非赤石三光堂に寄っていただき『らくらく着火』をご購入ください。

春のお彼岸

明日から春のお彼岸です。
お彼岸といえばお墓参り。

みなさんお墓のお掃除はお済でしょうか?

お墓参りに行く前に先にお墓に行ってお掃除ってなんか変だなって思ってしまいますね。

まっそのへんはあまり深く考えずに、お墓参りの際あらかじめ綺麗にお掃除してあると気持ちが違いますからね。それでいいと思います。
まだ間に合います。お墓参りに備えてお掃除をしておきましょう。

いせさき聖苑・さかい聖苑のご利用は有料です

お葬式の事前相談で、葬儀に公営斎場(いせさき聖苑、さかい聖苑)をご利用の際には別途12万円ほどかかりますとご案内しますと大抵の場合驚かれます。
葬儀に公営斎場をご利用する場合で無料なのは火葬料のみで式場利用料と待合室利用料は有料になるからです。
その場合のお支払いは赤石三光堂ではなく各自治体になります。
また、利用料は前払いになりますのであらかじめ準備が必要です。

なお赤石三光堂のさくら会館をご利用の場合は式場の利用料がプラン料に含まれていますので別途式場利用料が発生することはございませんんので参考にしていただければと思います。

参考資料

パソコンが壊れました

愛用していましたパソコンがついに壊れてしまいました。
実はも~半年も前から調子が悪かったのですが、愛着もあるのでなかなか新しいものに買い替えようという考えになりませんでした。

しかしその時は突然やってきてしまいました。

実際に壊れてしまうと何も出来なくなってしまい、仕事にも支障がでてしまっています。
反省しています。
このブログも借り物のパソコンで書き込んでいる次第です。

これを機会に壊れる前に買い替えるか、修理に出すよう心がけたいと思います。

赤石三光堂の春の仏壇展示会

おかげさまで無事に仏壇の展示会を開催出来ました。
期間中は伊勢崎市、太田市のたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。

春の展示会は終了しましたが、赤石三光堂のお仏壇はいつでもお安くご提供させていただきますのでお気軽にお立ち寄りください。

また4月にはJAにったみどり主催のお祭りに仏壇部門として参加させていただきますのでよろしくお願いします。

ご指摘を受ける前に<(_ _)>

今朝ほどチラシは手作りですなんて言いましたが、たった今手作りならではの間違えが発生してしまいました。

実はお仏壇の展示会の日程が間違えているのです。

展示会が3月3日(土)4日(日)と表記されています。酷い間違えです。

新聞の折り込みは3月2日なのでまだ皆さんに配られてはいないのですが...

今更変更はできませんので諦めてそのまま折込をします。

ということで皆さんに突っ込まれる前に訂正しておきます。

展示会は3月4日(土)、5日(日)の2日間です。

こちらが正しいチラシです。
butudantenjikai2.jpg
恥ずかしながら折込前に訂正させていただきます<(_ _)>

今後とも赤石三光堂を宜しくお願い致します。

葬儀チラシは自作です

みなさん葬儀屋さんの新聞折込チラシをご覧になったことはあるでしょうか。
各社専門業者に依頼しているだけあってレイアウトも綺麗で、毎回上手にできてるなぁ~って思って見ています。
中には芸能人をイメージキャラクターにしている葬儀業者もありますね。

しかしなんと赤石三光堂は全ての葬儀チラシと各種イベントの案内を自社で作成している超レアな葬儀屋さんなんです。
もちろんイメージキャラクターもいませんし、専門家のようにバランスが良くて見やすく作るなどということもできていません。
ただ、「皆様に何を伝えたいか」だけはしっかり入れるようにしています。

一生懸命作っていますが見づらい点はご勘弁ください。今後もできる限り手作りチラシにこだわって皆さんにお伝えしていこうかと考えています。

伊勢崎市 いせさき聖苑、さかい聖苑火葬プラン140,400円

赤石三光堂の火葬プラン。
葬儀等の儀式を行わずに「いせさき聖苑、さかい聖苑」で火葬のみを行う場合、総額で税込140,400円になります。
このプランの中には病院搬送から棺、骨壺、ドライアイス、火葬場への霊柩車、もちろん遺影写真もついています。搬送先が当社ホールの霊安室の場合は一泊分のご利用料金も含んでいます。
しかも伊勢崎市民であれば火葬料は無料です。

伊勢崎市で火葬を済ませ、実家に戻ってあらためて葬儀を行う。家族のみで静かに送りたい。とにかく低価格で抑えたい等。火葬プランは皆様のご要望にお応えするプランとなっております。

太田市斎場火葬プラン140,400円

赤石三光堂の火葬プラン。
葬儀等の儀式を行わずに太田市斎場で火葬のみを行う場合、総額で税込140,400円になります。
このプランの中には病院搬送から棺、骨壺、ドライアイス、火葬場への霊柩車、もちろん遺影写真もついています。搬送先が当社ホールの霊安室の場合は一泊分のご利用料金も含んでいます。
しかも太田市民であれば火葬料は無料です。

太田市で火葬を済ませ、実家に戻ってあらためて葬儀を行う。家族のみで静かに送りたい。とにかく低価格で抑えたい等。火葬プランは皆様のご要望にお応えするプランとなっております。

あっという間に締め切り

みなさ~ん
さくら会日帰り旅行、たくさんのお申込みありがとうございます。
おかげさまであっという間に満員御礼で締め切りになってしまいました。
この後のお申込みはキャンセル待ちとなっておりますのでご了承くださいませ<(_ _)>


冬が終わってしまいました?

この暖かさはどーしたんでしょう。
とても2月とは思えない気温ですね。
東京では春一番が吹いたとか吹かないとか...

ここ伊勢崎市は暖かいだけで無風と言っていいほど風が吹いていませんが、あまりの暖かさで真っ白だった赤城山の山頂もあっという間に黒くなってしまいました。

暖かくなるのは大歓迎なのですが、せっかくスタッドレスタイヤに履き替えてあるからには、少しでも雪が降ってほしいと思うのは私だけでしょうか...

申し込みが殺到しています

ここ数日境地区の会員様のお宅にさくら会日帰り旅行のお知らせを兼ねた「さくら会通信」をポスティングしていますが、会社に帰ってきてみるとナントナントもう申し込みが続々入ってきてるではありませんか。
みなさんありがとうございます。
募集は大型バス2台で80名なんですけど、あっという間に半分以上が埋まってしまいました。

でも、このままではマズいのです。
まだまだポスティングの最中で全員には行き渡っていないのです。

ペースを上げて早めに終えないと最後の方ににポスティングした家からの申し込みが受けられない可能性があります。

まだ案内の届いていないみなさん、スタッフ一同全力で回っていますのでもう少しお待ちください。

しかし「軍港めぐり」の人気は高いですね。
私を含め軍艦を間近で見てみたいという方がたくさんいてくれてホッとしました。
初参加の方も多いようです。
迷っている方はお早めにお申し込みください。
スタッフ一同お待ちしております。

さくら会日帰り旅行参加者募集


2017.4.20 yokosuka  higaeri.png
↑↑クリックすると大画面になります

さくら会員の皆様、お待たせしました。

半年に一度のさくら会日帰り旅行の行先と日程が決まりました。

横須賀の軍港巡りと横浜インターコンチネンタルホテルでのランチブッフェのダブルメインです。
毎回ご参加いただいている方も初参加の方も大大大歓迎です。

今回は境地区の皆様には案内をポスティングさせていただきます。
その他の地区の皆様はこのHPで確認のうえお申込みをお願いします。

皆様からのご連絡お待ちしております。

今日は何の日 『みその日』

miso.jpg今日30日は『みその日』だそうです。今日はというより毎月30日は『みその日』なんだそうです。
全然知りませんでした。
確かに「三十」と書いて「みそ」って読みますね。あの「三十路」(みそじ)の「みそ」の部分ですね。
なるほど考えましたね。

江戸時代には「医者に金を払うよりも、みそ屋に払え」ということわざがあったそうです。それだけみそは健康には欠かせないものだったんですね。

私自身は食生活の変化により味噌汁を飲む機会が減ってきていると思います。しかし味噌自体は味噌汁だけではなく様々な料理に利用されるようになってきているので、もしかすると摂取量は以前より増えているかもしれません。

さて皆さんは一年を通して「医療費」と「味噌の購入費」どちらが上でしょうか。

※参考 みそ健康づくり委員会

群馬県太田市の火葬事情(太田市斎場は火葬炉が不足ぎみ)

群馬県太田市の火葬場(太田市斎場)は約20万人の人口に対して1日9回の火葬が行えます。
お隣の伊勢崎市の火葬場(いせさき聖苑、さかい聖苑)では約20万人の人口に対して1日21回火葬が行えます。
2倍以上の開きがありますね。

当然といえば当然ですが、太田市民は太田市斎場だけでは火葬が間に合わないことが時折発生してしまいます。

そこで太田市では、太田市民が他の自治体で火葬を行い料金を支払った場合に、3万円を限度に助成金を支給する制度があります。
対象となるのは火葬室使用料(火葬料金)のみで、待合室や式場の使用料などは対象外になります。

※申請には、火葬の手続き時に預かった申請用紙に記入をいただき、火葬室使用料の領収書(斎場管理者が発行したもの)の原本と一緒に市民課に提出します。
申請期限は火葬に付した日から30日以内です。期限を過ぎたものは受付けていただけませんのでご注意を。

助成金は1ヶ月から2か月後に申請者の口座に振り込まれます。

もしもの時は病院から直接安置施設へ

以前のブログにも掲載しましたが、
『もしもの時は病院から自宅へ帰る』が当たり前の時代から、『病院から直接安置施設へ向かう』が増えてきました。というより主流になりつつあります。これも時代の流れでしょうか。

赤石三光堂では、伊勢崎市と太田市に4ヶ所の葬儀場を展開し、同時に6名までお預りすることができます。さまざまな理由から自宅へ安置することが出来ない場合でも安心してお任せ下さい。

『いせさき聖苑』と『さかい聖苑』

伊勢崎市内で火葬を行おうとすると『いせさき聖苑』もしくは『さかい聖苑』を選択することになります。
なぜ伊勢崎市には2ヶ所の火葬場があるのかというと、元々伊勢崎市には『いせさき聖苑』があったのですが、市町村合併の時に旧境町にあった『さかい聖苑』も伊勢崎市の管轄になったからです。
『いせさき聖苑』は市内北部にあり、南部に住んでいる方は30分以上をかけて火葬場まで移動をしていましたが、旧境町が伊勢崎市になったことで市内南部にお住まいの方は、徐々に『いせさき聖苑』よりも近い『さかい聖苑』を利用するようになってきています。
『いせさき聖苑』と『さかい聖苑』の違いは、大規模か小規模かというところでしょう。『いせさき聖苑』は大規模斎場で家族葬から社葬まで行える万能型の斎場です。『さかい聖苑』は小規模斎場で、席数も少ないので家族葬や小規模葬に適しています。
どちらも綺麗で大変利用しやすい公営斎場です。

太田市と伊勢崎市の返礼品の返し方の違い

太田市と伊勢崎市で葬儀内容の違いは特にありません。
違いがあるのは返礼品の返し方です。

群馬県の葬儀では、「新生活」という受付所があるのは県民の方ならご存知のことでしょう。
この新生活の扱いが太田市と伊勢崎市では違うんです。

太田市
「一般」の受付をしたら「一般用返礼品」をお返しします。
「新生活」の受付をしたら「新生活用返礼品」をお返しします。
「受付無し」で参列のみの場合は返礼品がありません。

伊勢崎市
「一般」の受付をしたら「一般用返礼品」と「会葬御礼の品」をお返しします。
「新生活」の受付をした場合は「会葬御礼の品」をお返しします。
「受付無し」で参列のみの場合も「会葬御礼の品」をお返しします。

ちなみに、「新生活用返礼品」と「会葬御礼の品」は言い方が違いますが同じ品物です。

あぁ~説明していてこんがらがってきました。

例)一般受付50、新生活受付50、その内夫婦での参列は20組。
分かりづらいと思いますが、御香典数が全部で100で、参列者数は120ということです。

結果
太田市 一般用返礼品50個、新生活用返礼品50個をお返しします。
伊勢崎市 一般用返礼品50個、会葬御礼の品120個をお配りします。

わかっていただけたでしょうか。
説明が難しいです。
もしどうしても分からない場合、ご連絡をいただければ説明させていただきます。
お電話お待ちしています。

通りすがりに来迎寺

raikouji.jpg偶然通りがかった来迎寺さんで、以前から工事をしていた山門が完成していました。
新品はいいですね~
素敵です。
これから年を重ねるごとに味のある色になっていくんですよね。
それがまたいいんです。

次回通る機会を楽しみにしています。

寒いです

今朝は寒かったですね~

出勤時間が迫っているのになかなかコタツから出られませんでした。
この寒さが冬本来の寒さだということはわかっているんですけど。

今後も寒い日が続きそうなので風邪をひかないようにシッカリと対策をしようと思います。

今日は何の日 『七草粥の日』

harunonanakusa.jpg〇七草粥の日

①芹(せり)
②薺(なずな)
③御形(ごぎょう)
④繁縷(はこべら)
⑤仏の座(ほとけのざ)
⑥菘(すずな).
⑦蘿蔔(すずしろ)
この7種をお粥に混ぜて食べることで無病を祈る習慣。
七草といっても地方ごとに違った食材が使われているそうで、中にはそもそもお粥じゃない地方もあるそうです。
地方ごとの特色があっていいもんですね。

実は...私...本来の七草粥を食べたことがありません。
だからよく風邪をひくのでしょうか...
でもどうしても受付けない食材が数点ございまして、五草粥くらいにしてもらえれば何とか食べられます。

みなさんは私みたいに風邪をひかないように七草粥を食べましょう。


〇爪切りの日

新年になって初めて爪を切る日。
七草を浸した水に爪をつけ、柔かくして切ると、その年は風邪をひかないと言われている。

こんな日があったんですね。知りませんでした。

しかし残念!

新年早々切ってしまいました。
もっと早く知っていれば...
お粥が苦手ならせめて爪切りくらいはやりたかった。

スターバックスあります

みなさん!スターバックス珈琲はスターバックスに行かないと飲めないと思っていませんか?
それがなんと!
赤石三光堂併設のサラダ館で、スターバックスの珈琲セットが販売されているんです。

これこれ↓↓↓
starbucks1.JPG

starbucks2.JPG
あの日本一有名な珈琲がサラダ館で購入できるんですよ。
わざわざスターバックスまで足を運ばなくてもあの珈琲を味わうことができるんです。
自分で飲んでおいしいものは当然贈り物にも最適ということで今大人気になっているんです!
自分用に購入してアレンジして飲むのも楽しいし、贈り物にしたら凄く喜ばれること間違え無し!
出産祝いに入学祝い。お中元にお歳暮。はたまた法事のお返しにも最適です。
この機会にスターバックス珈琲を贈ってみてはいかがでしょうか。

tyuuouten.jpgサラダ館 境町中央店
群馬県伊勢崎市境栄790
0270-74-0039

isesakihigashiten.jpgサラダ館 伊勢崎東店
群馬県伊勢崎市田部井町3丁目2166
0270-20-2500

ootakizakiten.jpgサラダ館 太田木崎店
群馬県太田市新田木崎町1023
0276-56-8182

お気軽に遊びに来て下さい。
サラダ館ブログ

葬儀費用のしくみ講座2017

お葬式の「費用のしくみ」を納得するまで教えます(群馬県伊勢崎市・太田市の葬儀費用の説明)

「葬儀一式」って何?
「追加費用」「オプション」て何?
「別途費用」って何?
結局いくらかかるの?
「格安葬儀」って何?
葬儀費用って御香典で賄えるの?

費用のしくみ講座では、何度聞いてもわからない葬儀費用のしくみを納得するまで教えます。
一組様ずつの講座となりますので、お電話でご予約のうえ境さくらファミリーホールまでお越しください。(ご自宅への訪問も可能)
また、興味のある新聞折り込みチラシや葬儀のパンフレットをお持ちいただきますと、分かる範囲で掲載内容の解説を致します。

ご予約は 赤石三光堂内さくら会0270-30-7200 棚澤(タナザワ)まで

墓地の清掃をしていますか?

ohakanoosoujidaikou.jpgみなさんは定期的に墓地の清掃をしていますか?

お墓の掃除って大変ですよね
しゃがんでする作業も多いし、腰も痛いし、けっこう重労働なんですよね

そんな方にお勧めなのが『お墓の清掃代行』です

料金は9,720円(税込)

内容は
除草作業・墓石の手洗い等、皆さんがお墓参りの時にする一般的な墓地の清掃です。
その他の特典として、お墓参り用の花束が一対付きます。

最近は年齢的に掃除が大変という方から年に2回(お盆前と年末)の定期清掃を依頼されることが多くなりました。
また、群馬県以外にお住いの方から、なかなか群馬県に帰れないので掃除をお願いしたいというケースも増えています。
今後も様々な理由から墓地の清掃が滞ってしまうことが増えてくるでしょう。そんな時には赤石三光堂までご一報をお願いします。

ご依頼お問合せは フリーダイヤル0120-840-008まで

くわしくはこちらをご覧ください。

葬儀屋さんの年末年始

おはようございます。

みなさんは穏やかな年末をお過ごしのことと思います。

私棚澤は今日12月31日も仕事をしています。
そして明日、元日は仕事始めです。
この生活スタイルが約20年続いています。
慣れるもんですね~

ちなみに
元旦の伊勢崎市、太田市はニューイヤー駅伝の関係で主要道路が封鎖され、沿道では多くのギャラリーが応援するので時間帯によっては車の通行が困難になります。
初詣に行かれる方も親戚を訪問する方も十分気を付けて下さい。

赤石三光堂のプチ自慢

Gmark.jpgみなさんは「Gマーク」というものを知っていますか?

Gマークとは国土交通省が推進する「安全性優良事業所」の認定制度のことで、運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定するものなのです。

簡単に言うと

普段から交通安全対策をしっかりとやっている業者に、国土交通省が「Gマーク」というお墨付きを与えるということです。

事実「Gマーク」取得業者の事故を起こす割合は未取得業者の「半分以下」なんです。

それだけ「Gマーク」取得業者は安全・安心ということです。

そして赤石三光堂は、群馬県の葬儀屋さんの中で、現時点で唯一「Gマーク」の認定を受けています。

ちなみに ... 

誰にも知られていませんが、葬儀屋さんの「Gマーク」取得は赤石三光堂が日本で一番最初でした。

プチ自慢(^^)

というわけで、赤石三光堂はこれからもしっかりと交通安全対策に取り組んでいくことをお約束致します。

葬儀屋はぼったくり

葬儀=高い・ぼったくり
そう思っている方が多いことでしょう。

30万円の葬儀一式プランを自分で選択した以外は、葬儀屋さんに勧められるがままにオプションを付け、別途料金の品物を追加し、返礼品関係と料理関係を決めましたが、葬儀後の請求書を見てビックリ!なんと150万円になっていました。
えぇ~30万円が150万円? あり得ない!
こんな感じが「葬儀は高い」「葬儀屋はぼったくり」と言われる由縁なんだと思います。

これは明らかに打合せ時の説明不足からきています。

赤石三光堂はこのようなことがおきないよう今まで以上にしっかりと説明し、安心して葬儀を任せていただけるよう取り組んでいくことをお約束致します。

下記の表は葬儀費用のうち返礼品と料理関係を除いた部分の目安表です。ご希望の葬儀社さんのプランを書き込んでいただくとオプション料金や別途料金の目安になりますので参考にしてみてください。
hikakuhyou.jpg

年末年始の葬儀・火葬

今年の12月31日は友引です。ということは葬儀・火葬ができるのは30日が最後ということになります。
公営火葬場の稼働開始はいせさき聖苑・さかい聖苑は1月4日から、太田市斎場は1月3日からとなります。また前橋市斎場・桐生市斎場は1月3日からの稼働となりますので予めご了承ください。

赤石三光堂の葬儀部門は年中無休・24時間体制で稼働しておりますので皆様にご迷惑をかけることはございません。

もしもの時は0120-840-008までおかけください。

ポカポカ陽気ですね~

本日快晴

めちゃめちゃ気持ちがいいですね。冬がどこかに行ってしまったようです。

このままだとせっかく揃えた雪掻き道具を一回も使わないうちに冬が終わってしまうかもしれません。スタッドレスタイヤも活躍することはなさそうです。

使わないで済むことは良いことなんですけど、何となく使わないともったいない気もしますね。

群馬県の海洋散骨事情

sankotsu.jpg近年、世間では海洋散骨が増えてきています。
海洋散骨とは何かというと、火葬が済んでいる遺骨の全部または一部を海に撒いて供養をするというものです。
ここ群馬県は海無し県ですので、海洋散骨には縁がないように思われていますが、実際には群馬県内各地、もちろん伊勢崎市や太田市からもご依頼をいただいています。
しかしながら海洋散骨にしたいけどどこの業者に依頼をしていいかわからない。費用はいくらくらいかかるのか等、不安が先行して実行できないでいるご家庭も多いのではないでしょうか。

赤石三光堂は群馬県の葬祭業者として皆様の架け橋となれるよう、信頼できる海洋散骨業者をご紹介しています。
詳しいお話やパンフレット希望などございましたらお気軽にご連絡ください。群馬県内各地にお届けとご説明にあがります。
また、海洋散骨業者へ直接ご依頼をご希望の際は こちら をごらんください。

長寿銭て知ってますか?

私自身は全国的な風習なのかと思っていたのですが、実は群馬県や関東地方の一部の地域の独特な風習だったみたいです。

chojusen.jpg長寿銭とは、亡くなった方が長寿だった場合、返礼品と一緒に会葬者にお渡しするお金のことです。お金といっても5円玉もしくは100円玉をポチ袋に入れたもので、長寿にご縁がありますようにという意味があります。
さて、長寿とは何歳からかと問われると...、
これは喪主様の判断によるところが大きいですが、おもに満90歳以上でお亡くなりになった場合に長寿銭を用意するケースが多いです。

「いただいた長寿銭はどうしたらいいですか?」と聞かれることがあります。長寿にあやかる為に財布に入れて常に持ち歩く方もいれば、すぐに買い物等で使う方もいます。
私の知る限りでは、いただいた後の決め事は特にありませんので取扱いはお任せしています。

葬儀の不安は何と言っても『費用』『価格』『料金』です

葬儀で不安な事第1位は『費用』『価格』『料金』...です。

葬儀屋さんのホームページを見てみると、葬儀費用で違いのある部分は主に「葬儀一式料金」や「プラン価格」で、葬儀社ごとにまちまちですね。必要な物が入っていなかったり不必要な物が入っていたりで一般の方には分かりづらいし不安なところです。群馬県の家族葬・一般葬の例では葬儀一式15万円位から50万円位までの幅がありますので、いったいどの葬儀屋さんに依頼していいのかまったくわからないと思います。
下記の表は家族葬・一般葬を行うにあたり最低限必要なものを書き出したものです。ただし返礼品と料理関係、宗教者費用は各家庭により違いますので入っていません。表をプリントアウトしていただき検討している葬儀屋さんの「葬儀一式料金」を参考に全項目を記入してみてください。その合計金額が赤石三光堂の葬儀一式価格と同等の内容になります。群馬県内であれば伊勢崎市や太田市以外の地域にも当てはめることができると思いますので葬儀屋さんを選ぶ際の参考にしてください。
注意点として安いから良い業者、高いから悪い業者ということではありません。ご遺族様にとって満足できる葬儀内容かどうかです。満足のいく葬儀内容であれば相場より多少高いとしてもそれが適正価格といえます。
そのために事前相談や事前見積、終活をしてみるのも良いことだと思います。
sougiissiki.jpg

11月なのに真冬の寒さ

ここ数日の寒さは異常事態といえますね。11月に雪が降ったのも初めて体験しました。伊勢崎市は10cmくらいは積もったと思います。寒いのは嫌いではないので良いのですが、体調管理に気を付けないと風邪をひいてしまいそうです。そういえば22日に東京に行ったのですが、日中はポカポカ陽気で半袖の人もいたほどでした。ここ数日間で極端に気温が下がったことがわかります。このように気温が下がると朝のトイレで脳卒中や心臓発作がおこることがあります。それを防ぐためにも我が家ではトイレに小さな温風ヒーターを置いて室内を暖めてから入るようにしています。皆様のご家庭でもトイレにストープを置くなどして暖めてから入ることをお勧めします。

霊安室、安置室のご利用

近年様々な事情からご遺体を直接葬儀場の霊安室にお連れし安置するケースが増えています。
それとともに家族葬・直葬(火葬のみ)のご利用も増加しています。
当社の統計では霊安室に直接安置する割合が3割を超えてきました。

利用割合
境さくらファミリーホールご利用の内 30%
太田西さくら会館ご利用の内 15%
いせさき東さくら会館ご利用の内 20%
境さくら会館ご利用の内 70%
公営斎場(さかい聖苑、いせさき聖苑)ご利用の内 0%。

やはりさくら会館を利用するプランには霊安室のご利用が1日分含まれていますので利用する割合が多いです。式場をご利用の場合は付き添い希望のご家族様用の仮眠室も1日分含まれています。
また、さくら会館ですと日中でしたらいつでもお越しいただけますし、故人様と面会が出来ることもご利用いただいている理由の一つでしょう。
今後も様々な事情から霊安室(安置室)を利用する割合が増加していくことが予想されます。できる限り皆様の負担を減らし、ご要望にお応えできるようにしていきたいと考えています。

JAにったみどり 展示即売会とふれあい祭り

今日12日と13日はJAにったみどり、にった営農センターにおいて展示即売会が開催されます。私たち赤石三光堂もお仏壇や仏具のブースで販売をしております。今年中にお仏壇の購入をお考えなら、この2日間が一番お手頃価格になっていますのでお気軽にお越しください。
ブースでは「横に大きい山﨑」と「縦に大きい清水」が皆様のお越しを心からお待ちしております。
また、13日は「ふれあい祭り」も同時開催されます。焼きそばや焼きまんじゅう等の模擬店も楽しめますが、赤石三光堂の仏壇ブース横ではバルーン(風船)アートを行っていて、動物や剣などを目の前で次々作っていきます。欲しい方にはその場で差し上げますのでお子さん連れでも楽しめるようになっています。その際には是非、山﨑と清水とも遊んでやってください。
sokubaikai.jpgfureaimatsuri.jpg

最近の納骨(お墓)事情

boseki.jpg葬儀の49日後に行われる儀式として「納骨」があります。
納骨は墓地の地下(カロート)に遺骨を納めるという儀式です。
伊勢崎市や太田市では以前からご近所の方にお手伝いをいただき、墓地の蓋を開けてもらい遺骨を納めるのが主流でした。しかし最近ではご近所様に依頼することがめっきり減り、当社が納骨の準備からお手伝いまでを依頼されるケースが増えてきました。
ご家族様でおこなう場合もございますが、カロートの蓋が重いため大変危険ですし、納骨の際にワイシャツやズボンを汚してしまうケースも多いので敬遠されがちです。
葬儀が時代とともに変化し、家族葬が増え、火葬のみで葬儀はしないという現象まで起きている昨今。その後の法事の小規模化、墓地の小型化、永代供養の増加、そして納骨方法までも変化してきているということが感じられます。

赤石三光堂は葬儀だけではなく、49日法要までの全て、仏壇関係・墓石関係・お盆関係を取り扱っておりますので葬儀後も安心してお任せください。

一気に冬

仕事の合間にちょっと外へ出てみました。

さむいですね~
この秋初めて息が白くなりました。
我が家では昨夜のうちにコタツを出しておきましたので今朝はぬくぬくでした~。

しかし、天気予報を見てみると明日の群馬県(前橋市)は夏日になるそうで...
ということは伊勢崎市も太田市も当然夏日なわけで...
またまた夏服を引っ張り出さなくては、、、
おそらく今年最後の夏日になると思いますが、いくらなんでも体力が付いていきませんよ。

みなさんも体調管理には十分お気を付け下さい。

国営ひたち海浜公園

朝のニュースで国営ひたち海浜公園のコキアが紅葉し、今が見頃という情報を発信していました。
私は18日に「さくら会」の日帰り旅行でコキアの紅葉を見に行っていたので、あの紅葉の素晴らしさを知っていますがテレビでは伝わったかなぁ~。
まだ見頃は続くということなので、出来る限り大勢の方に見てほしいし感動してほしいです。kokiakouyou.JPG
kokia kosumosu.JPG

葬儀費用(料金)を御香典で賄うことができるのか

この問題は伊勢崎市、太田市に限らず群馬県全域でいえることだと思いますが凄く難しい問題です。葬儀で御香典をどのくらい頂けるのかは喪主をはじめ、ご家族・ご親戚の誰にもわからないのです。ましてやその家庭の何も知らない葬儀屋さんには全くわかりません。そんな中『葬儀費用は御香典で賄えます』とは簡単に言えないのです。もし言ったとしたら無責任になってしまいますし、賄えなかった場合に補償しなければなりません。

参考までに、当社で行った葬儀の場合で宗教者様への御礼を除いて、御香典での賄い率は一般葬で約35%、家族葬では約20%です。

それくらい葬儀費用を御香典で賄うことは難しいものです。

下の表は赤石三光堂の『葬儀一式』例です。空いているところにご希望する葬儀社様の内容を書き込んでいただくと葬儀費用を御香典で賄ううえでの参考になると思います。
sougiissiki.jpg

さくら会日帰り旅行

18日はいよいよさくら会の日帰り旅行です。
今回は茨城県の那珂湊へ行ってきます。メインはお寿司の食べ放題です。
那珂湊のお寿司は具が大きくて有名ですよね。

しかーし

笠間稲荷神社の日本最古の菊祭と、国営ひたち海浜公園のコキア(ほうき草)の紅葉見学も見逃せません。

そしてめんたいパークで工場の見学!今回も盛りだくさんの旅行です。

今回さくら会からの添乗は根岸と吉澤です。そして私棚澤も同乗します。

当日はポカポカ陽気が希望です。

ホール管理

境さくらファミリーホールでは、今日の全ての式が終了した後に女性スタッフ全員で草むしりをしてくれています。駐車場も車が100台止めることができる広さがありますので大変だと思います。

そんな時いつも気軽に話しかけてくれて世間話をする方もいれば、事前相談をしたいけどホールの中に入るのはちょっと...という方などはこの機会に立ち話で葬儀の事前相談をしていく方もいます。

境さくらファミリーホールは葬儀をするためだけの会場ではございません。葬儀の事前相談会をはじめ、さくら会の各種イベント(フラワーアレンジ・ウォーキング・バルーンアート等多数)を楽しく行う場でもあります。このようなホールは伊勢崎市では珍しいのではないでしょうか。

みなさんも近くをお通りの際、清掃をしているスタッフを見かけましたらぜひ声をかけてあげてください。またイベントへのご参加もお待ちしております。

9月も終わり

今日で9月も終わりです。
日本一暑い館林市をはじめ、ここ伊勢崎市や両隣の前橋市・太田市も館林市に負けず劣らず超暑いところです。しかし今年は妙に涼しかった気がしました。
葬儀に携わる者としてはいくら暑くても薄着になるわけにはいかないので、涼しい夏は大歓迎なのですが、これだけ涼しいと収穫時期を迎えた農作物への影響が心配です。

季節が夏に逆戻りしたようです

暑い!
それ以外の言葉が出てきません。
一昨日まではしまってあった長袖を引っ張り出して着ていましたが、今日は半袖でも暑いです。

さかい聖苑では着物を着ている女性が暑そうでした。
当社のレンタル着物も絽から秋冬ものに換えたばかりですので今日は暑かったと思います。

まったく最近の季節はおかしい気がしますね。

さて、境さくらファミリーホールでは何でも相談会を随時行っております。葬儀(一般葬・家族葬)のこと以外にもホール見学を筆頭に相続のことや保険のこと、葬儀料金のことやさくら会のお楽しみイベントのことなど何でも受付けております。
あらかじめお電話をいただけるとスムーズです。どうぞお気軽にお越しください。


familyhall.jpg

仕事の途中

午前中「さくら会」の会員様のお宅へイベント(人形供養・模擬葬儀)の案内を届ける途中に儀源寺というお寺があります。
通りから花束を持った何組ものご家族が見えたので、なんとなくぶらっと寄ってみました。
お彼岸が最終日ということもありますが、ご家族連れでお墓参りをする光景はなんとも微笑ましいかぎりです。
葬儀や法事以外でお寺や墓地に来る機会が減ってきている昨今、お彼岸は大切な行事なんだな~とつくづく感じました。gigenji higanbana.jpg


gigenji.jpg

久々の太陽

久しぶりの快晴ですね。清々しい朝です。こんな日はどこかに出掛けたくなりますね。気持ちだけですけど...

赤石三光堂は葬儀屋さんなので年中無休。もちろん今日も営業しています。

さて、今日は彼岸明けです。皆さんはどのようなお彼岸を過ごしたでしょうか。お墓参りには行きましたか?旅行三昧でしたか?家でゴロゴロでしたか?

近年、秋の彼岸はシルバーウイークと呼ばれ仕事も連休のところが多いみたいですね。
次回の予定を立てる際、まずお墓参りを済ませてから連休に入ると気持ちがいいですよ。

本日秋分の日

今日は秋分の日。お彼岸の中日です。お店には朝からお客様がたくさんいらっしゃってます。
みなさんお墓参り用品をお買い求めになるのですが、中でも花束を購入する方が一番多いですね。
花束の宣伝はしていないのですが、スーパーで売っている花束より一回り大きいらしく凄く評判がいいです。「次回も買いに来るからよろしくね」と言う方もいて嬉しいかぎりです。お待ちしておりますので是非お越しください。

赤石三光堂は葬儀屋さんなのでちょくちょく遊びに寄るという方は少ないですが、店舗的には一応専門店なのでお仏壇をはじめ必要な物は全て揃います。初めの一歩を踏み出すには勇気がいると思いますが、是非お気軽にお立ち寄りください。kiribana.jpg

台風16号接近中

この時期多くの台風が発生・上陸し、各地で大雨を降らせ甚大な被害が出ています。今回の台風16号も強い勢力ですが、このままの進路だと伊勢崎市や太田市に接近することはなさそうですね。とりあえず一安心です。
しかし葬儀屋さんは台風の接近情報が出ますと大変です。葬儀の日程を組む際に喪主様の希望を最優先させながらも台風の接近時間や進路状況も加味して組まなければなりません。まだ9月、暫くは台風に対する警戒をしなければなりません。

まもなくお彼岸

今の時期シルバーウィークということもあり、長期の休みを利用して旅行という方も多いでしょうね。
しかし明日から秋の彼岸でもあります。できましたらご先祖様のお墓参りに行くことも忘れないでいてほしいものです。
赤石三光堂ではこの期間、店舗においてお墓参り用品を販売しております。ご家族でお墓参りに行く途中に是非お立ち寄りください。 
okahamairi.jpg