香典返しはいくらまでのものを返せば、相手に失礼になりませんか?

故人様やご遺族の社会的立場や経済状況、地域の慣習などに配慮が必要です
「香典返し」には、お通夜やご葬儀の当日にお渡しする「即返し」(「当日返し」)、四十九日の忌明け後に忌明けの挨拶を添えてお送りする「後返し」(「後日返し」)の2つがあります。「後返し」の場合は、香典帳や香典袋などを確認して送り先と送る物を決定します。故人様やご遺族の社会的立場や経済状況、地域の慣習などに配慮が必要です。
不安やわからないことがある場合には「赤石三光堂」へご相談ください。
よくあるご質問一覧へ戻る